<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
Nexus

JUGEMテーマ:音楽

Nexus / ストレイテナー
★★★★☆☆☆☆☆☆

01.クラッシュ
02.Little Miss Weekend
03.Ark
04.Lightning
05.Magic Blue Van
06.蝶の夢
07.Black Hole
08.Stilt
09.イノセント
10.ネクサス

正直、"ストレイテナー"or"ストライテナー"って、はっきりしないぐらいの存在だったんだけど、entの存在を知ってから、やっぱり本家も聞かなきゃあかんよな、の気持ちが強くなって、軽い気持ちで触ってみたら、ビリって痺れました。って、言ってもアルバム通しての感想じゃ無くって"Lightning"単曲なんだけどね。他の楽曲はちょっとバンド要素が強すぎて、僕には重たかったです。でも、その分"Lightning"は、イントロのトーンって投げ捨てられたような音の入り方とか、そこまで多くない歌詞の量とか、曲の盛り上がりに動じず、淡々と言葉を刻む感じとか、本当好み過ぎる。あんまり好きじゃないカラオケに自ら友達誘って、歌いたくなるぐらい好き。ソラニンのサントラも凄い良かったし、僕の中でentもとい、ホリエアツシ氏の評価だだ上がり中です。
| comments(0) | - | ストレイテナー |
Grassland

JUGEMテーマ:音楽

Grassland / Akira Kosemura
★★★★★★★☆☆☆

01.grassland
02.petrarca
03.light
04.marriage
05.xiao ge er
06.little dipper
07.ballet
08.over the horizon
09.just a few minutes
10.amour
11.ensemble

例えば僕がケアルでダメージを受けるアンデッド系のモンスターだとしたら、このアルバムを聞き終える頃には、きっと僕の体は土に帰ってると思うんだ。それぐらい、神秘的で、一つの方向に力が向いているアルバムだと思う。そもそも聞いてる内に、無性に土下座したくなる僕ってなんなのよ?って根本的な問題もあるけどさ。特に"petrarca""xiao ge er""little dipper"ケアル→ケアルラ→ケアルガと僕のHPを削る三つの魔法(楽曲)は、きっとデッカイ玉座でふんぞり返っている魔王かなんかに頼んで、さっさと地底の底に封印して欲しいレベル。しっかし、音楽だけで、心の汚れうんぬんまで気づけるって、相当なもんだよね。もし、ミリオンとか売れたら、それはそれで日本オワター!になりそう。
| comments(0) | - | Akira Kosemura |
Polyphonic City

JUGEMテーマ:音楽

Polyphonic City / A-bee
★★★★★★★☆☆☆

01.ON.set OFF
02.AIR feat.ellie
03.TO THE UNIVERSE feat.Kaori
04.U feat.Kaori
05.pink forest
06.the other side of the world feat.ellie
07.Star Surfer (A-bee remix)
08.MAGIC APPLE LOOP
09.calling feat.Kaori
10.GAME
11.LOUDER feat.ellie
12.monophonic city
13.EDEN feat.Kaori(sea of clouds remix)

歌って踊れるエレクトロディスコチューンで、2008年にブレイクした東京都出身のトラックメーカー、A-beeの2ndアルバム。女の子と遊ぶ時や、みんなで遠出する時など、様々な状況下でも、正に八面六臂の大活躍で、何気に2009年一番重宝した作品かも。『なんか、凄い聞きやすいし、テンション上がるんだよねー』っとは、友人Aの言葉。確かにヴォーカル曲とインストのバランスが凄いとれているし、全体的に目鼻立ちがはっきりしているアップテンポな曲調が多いからか、何回聞いても飽きが来ない。一応、その中でも最高の1曲を選ぶとしたら"Eden feat.Kaori (Sea Of Clouds Remix)"かな。1stアルバムに収録されている原曲も好きやけど、今回はイントロの跳ねるような鍵盤音だけでノックアウトされました。
| comments(2) | - | A-bee |
アワーミュージック

JUGEMテーマ:音楽

アワーミュージック / 相対性理論 + 渋谷慶一郎
★★★★★★★★☆☆

01.スカイライダーズ
02.アワーミュージック
03.BLUE
04.sky riders (vo+pf)
05.our music (vo+pf)
06.BLUE (strings edit) feat.Hildur Guonadottir
07.our music (remodel light)

2010年最初の更新は、なんか凄い作品に凄いレビューを書こう!っと、中高生が将来の夢を語るスタンスで望んでいたら、2月になっていたとか、ほんと予想通りな結果に落ち着きました。やっぱり、"漠然"って便利な言葉だけど、決して上手くはいかないもんだよね。で、それは音楽にも言える訳で、相対性理論では、漠然とヘタウマな雰囲気だけで、お腹いっぱいになってたけど、しっかりと足場固めた、やくしまるえつこさんの歌声は本当恐ろしい。ボタンを一つかけ間違えているのに、それが正しく感じてしまうような、ズレと調和の取り方が秀逸過ぎる。特に"BLUE (strings edit)"とか、ちょっと完成度高すぎて、寒気もん。
| comments(0) | - | 相対性理論 + 渋谷慶一郎 |
Star

STAR / Special Others
★★★★★★☆☆☆☆

01. STAR
02. Surdo
03. When You Wish Upon A Star
04. All Things (Part 1)
05. All Things (Part 2)
06. Aului80 (Self Remix)

前作『Good Morning』の方向性が正直好きになれなかった僕としては、最初スルーしていた盤だったんだけど、オープニングナンバー"Star"の、ちょっとノスタルジーを覚えるような音が凄いツボに入って、結局買っちゃいました。なんていうか"Aului80_self remix"とか聞くと本当思うんだけど、彼等が力いっぱい楽しんで演奏している絵がすぐ浮かんでくるんだよね。自分達の好きなコトを存分に楽しんでやって、尚且つ間口が広いなんて、素敵なアーティストやね。新たな旅立ちにぴったりな曲が盛り沢山の作品なんで、今年の抱負を決める時にでも、是非聞いてみてください。
| comments(0) | - | Special Others |
For Long Tomorrow

JUGEMテーマ:音楽

For Long Tomorrow / toe
★★★★★★★★☆☆

01.ここには何もかもがあるし、何もかもがない    
02.ショウジツ点よ笛    
03.After Image Feat. Harada Ikuko from Clammbon
04.エソテリック    
05.Say It Ain't So Feat. Hoshikawa Yuzuru from Dry River Strings    
06.Two Moons    
07.モスキートンはもう聞こえない#1    
08.モスキートンはもう聞こえない#2    
09.ラストナイト Album Ver.    
10.グッドバイ Album Ver. Feat toki asako    
11.YOU GO    
12.Our Next Movement    
13.Long Tomorrow

1stアルバム「the book about my idle plot on a vague anxiety」から早4年。あのアルバムからtoeを、そしてポストロックを聞き出した僕にとって、やはり彼等の音楽は特別だ。幻想的で力強いサウンド。歌詞は無くても、まるで歌っているかのような演奏。introを除けば、殆どの曲が4分程度で、起承転結を上手く使いまとめあげているセンス。その全てが飛び抜けているように思える。惜しくも1stのような衝撃や壮大な世界観こそ感じないが、歌モノを取り入れてもtoeの楽曲として成り立っている"After Image"危険な匂いを漂わす暴力的な演奏が魅力の"エソテリック"ジャングルを思わす太鼓などの音ネタが楽しい"Our Next Movement"一番シンプル且つストレートな彼等の成長が分かる"Long Tomorrow"などバラエティー豊かな楽曲郡は、僕をまた一歩音楽好きにしてくれた。
| comments(2) | - | toe |
Love SQ

JUGEMテーマ:音楽
 
Love SQ / V.A.
★★★★★★☆☆☆☆

01.FINAL FANTASY「FINAL FANTASY メインテーマ」/ PE'Z 
02.クロノ・トリガー「遥かなる時の彼方へ」/ livetune 
03.クロノ・トリガー「クロノトリガー」/ Novoiski 
04.クロノ・トリガー「カエルのテーマ〜戦闘勝利 (SEXY-SYNTHESIZER remix)」/ SEXY-0SYNTHESIZER 
05.FINAL FANTASY「チョコボのテーマ」/ グッドラックヘイワ 
06.聖剣伝説 Legend of Mana「想いは遠くマナの樹に寄せて Theme of Mana〜ホームタウンドミナ」/ muZik 
07.FINAL FANTASY III「悠久の風 (migratory birds mix)」/ DE DE MOUSE 
08.ロマンシング サ・ガ「Romancing Sa・Ga (note native remix) オープニングタイトル〜バトル1〜決戦!サルーイン〜エンディングテーマ」/ note native 
09.FINAL FANTASY「ビッグブリッヂの死闘〜妖星乱舞〜片翼の天使」/ →Pia-no-jaC← 
10.FINAL FANTASY「プレリュード」/ no.9 

この前挙げたPia-no-jaCのレビューでも触れた通り、かなり気になってました。前々から疑問だったんだよね。ドラクエとか任天堂作品のゲームミュージックは結構サンプリングソースで使われたりするけど、そういえばスクウェア系の音楽は耳に残っている曲は多いはずなのに覚えにないなーって。そしたら公式から、且つ参加アーティストもこれだけ豪華とか、そりゃあ期待しちゃうよね。まずジャケ写が素敵過ぎ!フィールドになっている文字とか、おもちゃ箱から飛び出る感じのドット絵キャラクターとか、インナーとネイルの色を合わせている女性とか、女の子が。このジャケ画だけで、お腹いっぱいだったりするぐらい。あと楽曲の中で一応好みだったのは"想いは遠くマナの樹に寄せて Theme of mana""悠久の風 (migratory birds mix)""プレリュード"の3曲かな。公式HPで視聴した雰囲気だと"ビッグブリッヂの死闘〜妖星乱舞〜片翼の天使"が一番好きやったんやけど、妖星乱舞と片翼の天使にあんまり思い入れが無いからか、なんか尻すぼみな感じになっちゃった。ってか、結局は思い入れのあるゲームがあればある程楽しめる作品な訳で、こういうので優劣を付けるのはナンセンスだよね。
| comments(0) | - | V.A. |
Deus ex machina

JUGEMテーマ:音楽
 
Deus ex machina / FLOPPY
★★★★★☆☆☆☆☆

01.Ex Machina    
02.ヤダもん    
03.Everything    
04.紙飛行機    
05.雪月花    
06.スローモーション    
07.デウスエクスマキナ    
08.パイク    
09.Void

小林写楽と戸田宏武の2人からなるユニットFLOPPY。レトロゲームにありそうな疾走感のある電子音と、かなり加工されているのに、どこか安心させてくれる歌声が特徴な作品。正直、全然知らなかったアーティストで、視聴した時も独特の世界観になんかイラっとして、あんまり良い印象が無かったんだけど、でもきちんと聞けば聞く程、その独特な世界観が癖になってきて、今では何故か安心?落ち着きを与えてくれます。古きよきモノを今っぽい未来風にしてみたっていうのかな、新しいには新しいけど、でも最先端じゃないそんなバランス感覚が秀逸。お気に入りは"Everything"と"紙飛行機"のような、ぴゅんぴゅんしゅぱー、な楽曲。
| comments(0) | - | FLOPPY |
<< | 2/26PAGES | >>