<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< LAST | main | Bad Boyz Be Ambitious >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
You Are Beautiful At All Times

You Are Beautiful At All Times / YPPAH
★★★★★★☆☆☆☆

01. Ending With You
02. I'll Hit The Breaks
03. Again With Subtitles
04. The Subtleties That Count
05. We Aim
06. What's The Matter?
07. In Two, The Weakly
08. Almost In That Category
09. Good Like That
10. Cannot See Straight
11. It's Not The Same
12. Longtime


最初名前をなんて読むのか分からなくて、とりあえず逆から読むと「ハッピー」だなぐらいしか思わなかったテキサス出身のYPPAH(イッパー)ことジョー・コラレス。ダウン・テンポやブレイクビーツが特徴のニンジャ・チューンからリリースしているので、聞く前からある程度内容は分かっていたから、聞き終えても『ふーん』って感じだった。雑多なジャンルの音楽を詰めに詰め過ぎた性で、どうしても人工的なエディット感があって、それに適度に効いてるヒップホップ風味が、余計に陳腐さを出してるっていうか…。そんな感じ。
ただ、1曲1曲が短い(最長で3:48)ので、聞きやすいコトは聞きやすいです。

マイフェイバリットソング
"Again With Subtitles"ハウス色が強く、少しアレンジすればクラブでガンガンかかりそうな曲。
"The Subtleties That Count"雫が滴り落ちて水面を鳴らすような音が印象的で、また音の厚みも十分にあるので面白かった。
"It's Not The Same"一番ヒップホップ要素が強い曲で、他の楽曲に比べればドラムが暴れてる印象。ただもう少し強ければ、もっと良かった。
| comments(0) | - | YPPAH |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。