<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< The Singles Collection 03 - 05 | main | 大人(アダルト) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
the book about my idle plot on a vague anxiety

the book about my idle plot on a vague anxiety / toe
★★★★★★★★★☆

01. 反逆する風景
02. 孤独の発明
03. tremolo + delay
04. 向こう岸が視る夢
05. all I understand is that I don't understand
06. C
07. past and language
08. music for you
09. I do still wrong
10. メトロノーム
11. everything means nothing


良作な作品をリリースし続けている、Catuneレーベルの看板アーティストtoeの1stアルバム。ポストロックバンドとしては国内有数の実力者である彼等は、敷居の高い音楽だと思われがちなインストゥルメンタル・ミュージックの見方を変えれるだけの力量と良い意味でのポップさを兼ね備えている。また海外アーティストには余り感じられない繊細なタッチや丁寧な作りを押し出すコトで、曲中にしっかりと起承転結が生まれ、単純なループだけでは無い、エモーシャナルな楽曲群には心躍らされた。そして、toeサウンドの核となっている柏倉氏のドラミングテクニックは、もはやブラボーっと手拍子で褒めるしか無い程圧巻の領域。この作品に出会って僕の音楽ライフは一転したと言っても過言では無い。

マイフェイバリットソング
"反逆する風景"BIG-Oことオオスミ(from シャカゾンビ)の呟くようなラップは、後の壮大な世界観を感じされる情緒溢れるモノとなった。
"past and language"柏倉氏のドラムテクニックやメロディアスなツインギターが火を吹き徐々に広がる壮大な世界観が思う存分味わえる彼等の代表曲。そりゃ叫びたくなりますよ。
"メトロノーム"曲名通りメトロノーム音が、ベースとなって展開していくこの曲は、原田郁子さん(from クラムボン)のクリアな歌声もあり、不思議な透明度を放っている。
| comments(0) | - | toe |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。