<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< JOURNEY OF FORESIGHT | main | GREATEST HITS >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
YOUNG KING

JUGEMテーマ:音楽

YOUNG KING / KICK THE CAN CREW
★★★★★★★★☆☆

01.Call&…
02.KICK OFF
03.Megacityrunning
04.Why did I?
05.GOOD TIME!
06.PARTYOVER
07.ユートピア
08.X-amount
09.旅人
10.エルニーニョ
11.united rivers
12.河と海が合わさるところ
13.タカオニ2000

硬派なラップ集団ZINGIファミリーの一員だったレゲエ出身のLITTLE。BY PHAR THE DOPESTのKREVA。RADICAL FREAKSのMCU。経歴も実力もバラバラの彼等がグループを組んだのは日本語ラップのコンピレーションアルバム『BEST OF JAPANESE HIP HOP 7』収録の"カンケリ"(これがグループ名の由来)で初セッションし成功を収めたからだ。その勢いがKICK THE CAN CREWとしての活動へと繋がっていった。
殆どの曲がverse→hook→verse→hook→verse→hook×2というシンプルな構造をしている。一見飽きが早そうにも思えるが彼等キャラ立ち3MCのライム。KREVAの様々な理論から基づいた完成された上質なトラック。そしてつい口ずさみたくなる馴染み易さが上手い具合に統合され、ここまで完成度の高いグループになったのだろう。
毎度毎度凝ったintroを作ってくれるが、その先駆けとも言える"Call&…"を経てまずは"KICK OFF"で自己紹介&これから進むサクセスストーリーにキック!!絶妙とも言えるMICリレーは彼等ならではで初っ端からリスナーをガッツリとロックする。それに続けと"Megacityrunning"ではHOOKの幼稚さ(サンプリングと言う噂も…)に若干物足りなさが残るが今では感じられない勢いと荒々しさが頼もしい。特にLITTLEの切れ味鋭いライミングは毒々しさも合わせ持っており非常に痛快。東京一番小さなMC a.k.a. 小さな巨人の名は伊達じゃない。
そしてKICK史上最高の破壊力を持つ"united rivers"ドラムの打ち込み音が荒々しく響くトラックは今後ドロップされる楽曲とは一線を画す非常に好戦的な曲。圧迫感と毒々しさがこれ程までに彼等を高みに連れて行くとは。本当に今後を考えると残念でならない。
FG(RHYMESTERやMELLOW YELLOWが中心)ならではな遊び心に溢れた飾り気の無いフロウに等身大のリリックは実力派と言うのを証明してるし、何より自然体で純粋にラップを楽しんでいる様には好感が持てる。KICKはそのラップを「楽しむ」というコンセプトを中心に掲げており、その回りを鮮やかなコントラストをなす曲が立ち並ぶ。毒々しさや癒しなど一見対比してるようにも思える楽曲の最終的な終着点は「楽しむ」コトであり、それがKICKの原動力だ。後に皮肉にもその多方面性に富んだ楽曲が賞賛されるようになり、リスナーとの間にギャップが生まれ休止してしまったが彼等が本当に目指していた形と言うのがこのアルバムに凝縮されている。
| comments(0) | - | KICK THE CAN CREW |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。