<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< YOUNG KING | main | VITALIZER >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
GREATEST HITS

JUGEMテーマ:音楽

GREATEST HITS / KICK THE CAN CREW
★★★★★★★☆☆☆

01.Down by Law feat.CRAZY-A
02.GOOD TIME! (ver.2001)
03.3MCs+1DJ
04.Color Variation feat.SANAE
05.マイクロフォンのテーマ feat.MEGUMI MASHIRO
06.one for the what,two for the who(ver.2001)
07.one for the what,two for the who(part2)
08.ユートピア (ver.2001)
09.X-amount (ver.2001)
10.今日から明日
11.灼熱舞踏会
12.Why did I ? (remix)
13.エルニーニョ(ver.2001)
14.今日から明日
15.タカオニ2000
16.タカオニ
17.カンケリ

インディーズ時代に製作した音源を多数再収録(リマスタリング)を施したKICK THE CAN CREWのインディーズ版ベストアルバム。『GREATEST HITS』と題しているが必ずしも彼等の持ち得る最高の曲を並べた訳では無く、全体的な流れや今後のメジャーでの活動を視野に入れて、聞きやすさを重視視し一般受けしそうな楽曲を並べた印象だ。
(ちなみに(version.2001)と書いてあるのが再収録曲だが、原曲より確実に音質が向上しており、声の通り具合も全然違う(たぶん収録したスタジオが違うっぽい)。原曲はどちらかと言うと声が潜っていて擦れているが再収録の方は声が前面に押し出されている。他の曲との兼ね合いの性だとは思うがこの試みは素直に嬉しい。)
KICK絶頂期云え注目曲を上げれば切りが無いが謎の歌姫SANAEの伸びのある歌声と鉄琴のようなクリアな音の浮遊感が綺麗に絡みあう"Color Variation"彼等の持ち味であるフレッシュでエネルギッシュな面が十二分に出ている代表曲"GOOD TIME!"10代の頃のような純粋無垢なフロウが時代を感じさせる本当の処女作"カンケリ"などは一聴の価値がある。
そしてこの曲を世間様に知ってほしいが為に日本語ラップのレビューを始めたと言っても過言では無い。その曲の名は"ユートピア"自分が日本語ラップにハマる要因にもなった曲でもある。哀愁漂うトラックは空一面の星空を連想させるモノで是非とも秋の夜空を見ながら聞きたい曲。どれだけ生きていけば自分のユートピアと言うのが見つかるのか?っと言う誰もが思う永遠の難題を彼等は飾り気の無い等身大のリリックで自分の弱さや苦悩を謳っている。永遠のクラシック。まだ未聴の人は一刻も早く聞くコトを勧めます。聞かないで過ごすには勿体無い名曲です。
曲自体の完成度は高いのだが全編skit無し、ボーナストラック気味な"Down by Law"がオープニングナンバーと言うコトで中だるみや序盤の流れの悪さが気にかかる。これだったら"Down by Law"を外し、いつもの凝ったINTROを入れた方が聞きやすさが格段と上がると思うのだが。確かにB-BOY PARKのメインテーマにもなりCRAZY-A氏との共演という歴史的な曲だがこのアルバムの持っているコンセプトとは、かけ離れている曲だっただけにそれだけが残念でならない。
| comments(0) | - | KICK THE CAN CREW |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。