<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< magic number | main | 焦燥 ENIGMA PART2 EP >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
GOOD MUSIC

JUGEMテーマ:音楽

GOOD MUSIC / KICK THE CAN CREW
★★★★☆☆☆☆☆☆

01.OPENING
02.性コンティニュー
03.パレード
04.MISSION 1
05.脳内VACATION (album edit)
06.ALL NIGHT LONG
07.裏表
08.揺れ
09.MISSION 2
10.自由TIME (album edit)
11.ナビゲーター
12.LIKE THIS (GOOD!)
13.GOOD MUSIC
14.MISSION 3
15.パンク寸前のFUNK
16.もしも

KICK THE CAN CREWのラストアルバム?となる今作。抜群のコンビネーションを誇っていた彼等だけに「音楽性の違いの為」の休止とは少々驚きだった。(後にKREVAのインタビューで詳細判明)しかし当時の彼等に対する不可解なバッシングには余りにも酷いモノがあり、確かに正式に評価されていなかった。なので一度全てをリセットすると言う意味でも休止と言う選択は正解だったのかもしれない。
当時は中途半端なシングルを立て続けにドロップしそのまま平然とアルバムをリリースした彼等に嫌気がさしていた。が、今改めてフラットな状態で聞くと、このアルバムの端々には当時の彼等の苦悩や心の葛藤が垣間見える。もしかしたら彼等なりに「自分達の思い描きたいKTCC像」と「リスナーが思い描いてるKTCC像』とのギャップに苦しんだのかもしれない。このアルバムはそんな「リスナーが思い描いてるKTCC像」を壊さないように努めた作品だと思う。"性コンティニュー"のようなDis曲ですらリリックの毒々しさとは裏腹に無理やりパーティーチューンに仕上げている様には痛々しさすら感じる。
そんな現実と理想の狭間で苦しみながらも"ユートピア"や"アンバランス"に並ぶと思われる名曲が"GOOD MUSIC"だ。ギャグでは無く本当に"GOOD MUSIC"と思う。ギターのスリリングスが心地良く彼等には無かったタイプのトラックだけに癖になる。HOOKでのいつ切り替わったか分からない完璧なコンビネーションなどは彼等だから成せる技術。
「1verse,1hook」と言う業界初の試みをした"MISSION"計画は自然体のLITTLEやMCUに比べるとKREVAの入れ込み具合が空回りしてしまった感がある。(明らかにKREVA一人だけ力の入れ様が違う)面白い試みだったが全編を通すと何とも言えない中途半端な仕上がりになってしまった
その他には"脳内VACATION (album edit)"や"揺れ"は"GOOD MUSIC"に劣るとは言え一定のラインを超え十分に良質と言える出来で楽しめる。
最後に一つだけ口を酸っぱくして言うならばシングル『性コンティニュー』に収録されている"BREAK 3"をなぜ収録しなかったのだろうか。もしこの名曲を入れてくれたのなら間違いなく★1つ分の評価は変わったはずだ。
| comments(0) | - | KICK THE CAN CREW |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。