<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< COLORS | main | 三日間 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ごうだつゲーム

JUGEMテーマ:音楽
 
ごうだつゲーム / EQUAL
★★★★★★★☆☆☆

01.T-X feat.TOKONA-X
02.Intro feat.Jack Herer,dNessa
03.ごうだつゲーム
04.I wanna real feat.MACCHO
05.Skit(Push your sh*t back)
06.ターミネーター feat.RYUZO,Rude Boy Face
07.Bigman Beat Box
08.Strong Style feat.Mr.OZ

TOKONA-Xあっての名古屋シーン(M.O.S.A.D)。失礼だが僕はそう思っていたのでEQUALはおろか他の名古屋勢の音源を好んで聞くコトは無かった。個性的なキャラに近未来を匂わせるトラックは今まで日本語ラップとは異質で、まるで名古屋シーンだけが全体とは別に進化してきたような印象すら受けるが如何せん僕が苦手としている「ギャングスタースタイル」が彼らとの距離を遠ざけてしまったのだろう。
しかしこの作品を聞いてその考えが余りにも安直な考えであったと思い知らせてくれた。攻撃的なリリックにドスの効いたフロウ、煌びやかなトラックは悪く言えば一見何処にでもいるギャングスタースタイルと違いは無いがこの男のそれらは間違いなくその程度なモノで納まっていない。
上手い!とベタ褒め出来るような言い回しこそ無いが独特でラフなEQUALとして視点を大事にしたリリックに、やけに説得力がある力強いフロウが重なりそれを暴力的でゴージャスなトラックが包み込む。特にセルフプロディースの曲(後半3曲)は上手に自分の魅力を引き出しており明らかにネスクトレベルにいるラッパーだ。
自由奔放なライミングの上手さが伺われるEQUALの代表曲"ごうだつゲーム"三者三様の個性がぶつかり合う様は正に狂気の"ターミネーター"Mr.OZの唯一無二とも言えるXBS(エクストラベースシステム)なフロウが見事に締めてくれた"Strong Style"客演の濃さは勿論だが全てはEQUALという男の圧倒的な存在感が他を寄せ付けない凄みで成り立っている。
この完成度では決して強奪なんかしなくても自然と時代はEQUALに転がり込んでくるだろうに。そこを敢えて自らの手で勝ち取ろうとしている姿勢に彼の強みを見た。貪欲な獣と化している彼を止めるコトは決して出来ないのだ。
| comments(0) | - | EQUAL |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。