<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< Welcome The Problems | main | THE COLLECTIVE >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
THE ALBUM

JUGEMテーマ:音楽
 
THE ALBUM / D.L
★★★★★★★★☆☆

01. TAKE YOU HOME(BACK TO THE HIP HOP)
02. MUSIC(VERSION:S.W.A.T.)
03. BACK TO BURN
04. WALFARE
05. KEEPIN' IT UP!!
06. KIKITE(Lefty) feat.K-Bomb
07. MILKY WAY
08. 鋼鉄のBLACK feat.ミドリのBruce Burner
09. LIFE CHECK
10. 結利大(SUBERIDAI)
11. FOR MY MEN
12. MANIFEST(粉骨砕身)
13. GOD MOUTH(GOD BIRD pt2)
14. THE MASTERS feat.ZEEBRA,TWIGY(MASSIVE REPROGRAM DEVMIX)
15. BALANCE
16. CRATES JUGGLER
17. 盲目時代〜BLIND AGE 2006〜 feat.響言奏
18. D.L'S MIDNIGHT THEME pt.3〜TOO MANY

この際だからハッキリ言っておこう。僕は余りD.Lが好きでは無い。その直接的な原因は僕の天邪鬼な性格の為説得力は無いに等しいが、ただ正直今の音楽シーンにおいて彼を援護、賞賛すれば間違いないという風潮があるのも事実だと思う。先行シングル"鋼鉄のBLACK"の出来は素晴らしく僕も首を振らされたが、それ以上に一日本語ラップリスナーとして彼に関しては否応無く賞賛しなければいけないような気がしてしまい、判断が下せなかった現状もある。確かにあのずば抜けたサンプリングセンスを考えたらプロデューサーとしての彼の実力は認める他無いが、正直MCとしてなら僕は彼よりもその周りにいるNIPPSやK-BOMBに魅力を感じてしまう。彼も2ヶ国語を歯切りの良いライムとフロウでスムースに紡ぎ、その様には王者の風格すら漂わせるが、残念ながらトータルで見れば綺麗に纏めがちで突発性や意外性に欠けたMCという評価しか出来ない。
結局僕の中でどれぐらいの物差しを用意すれば良いかな?っと決めかねている内にリリースされてしまったのでどうしても評価は曖昧だし、また初聴で僕の心を揺さぶった楽曲が少なかったのも関係しているのかもしれない。正直僕がD.Lに求めていたのは聞き込む内に感じる"やっぱ良いアルバムだわー"という確認より"やっぱD.Lって凄げー"という興奮と感動だからだ。それに作品は聞き込む度に愛着が生まれるのが付き物で、そうなれば余計に正確な判断が下せなくなってしまうのがリスナーとってもん。ただその中で唯一その曖昧な領域を切り崩してくれたのが2006年揃ってソロアルバムを発売し、その度にセッションを行なった「現代版"PLAYER'S DELIGHT"」3部作の最終作"THE MASTERS"。ヘッドフォンから唾が飛んできそうな程熱量篭もったラップを披露したD.L、自慢の力強い押韻はあの頃を彷彿とさせるZEEBRA、どれだけ時が経っても変幻自在のライミングは衰えるコトを知らないTWIGY。三者三様の魅力が存分に引き出されたこのセッションは過去の遺産との決別を意味し、現在のシーンにありがちな、ただ群れるだけのラッパー達との違いを見せ付けた。また互いを互いで潰しあうかのようなストイックな楽曲を彼等ピラミッドの頂点に君臨するアーティストがしてくれたコトで、この先シーンは確実に前に進むだろう。
このアルバムは僕達リスナーの評価がうんぬんでは無く、同業者の人達が聞いてどう思うかが一番大切だと思う。そして願うならいずれは彼を越すような音楽家の登場を楽しみに待っている。
| comments(0) | - | D.L |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。