<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< UPRISING | main | 宿ノ斜塔 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
Matador
JUGEMテーマ:音楽

Matador / MSC
★★★★★★★★☆☆

01. INTRO
02. 無言の蓄積
03. 新宿Running dogs
04. 新宿U.G.A remix 03'
05. 甲斐性
06. スペース・ペース
07. INTERLUDE
08. ALERGY feat.志人
09. MASTA PIECE feat.DJ BAKU
10. 支離滅裂
11. For S feat.Red Rice,若旦那
12. FREAKY風紀委員 feat.DJ BAKU
13. MATADOR Office feat.DJ BAKU
14. 反面教師
15. MATADOR
16. OUTRO

MS CRUからMSCに改名し当時の日本語ラップシーンに蔓延っていた飽和状態に対し、馴れ合いのシーンに止めを刺すべくリリースされた1stアルバム。東京・新宿を基点に活動する彼等の都心だからこそ感じられる社会や人間の矛盾性、醜さを生々しい描写で言葉にし主張する様は東京ギャングスタースタイルとでも言えようか。さらに1st EP『帝都崩壊』の"幻影""快感"などで垣間見せた柔軟性にとんだブラックユーモア満載の楽曲は日本語版HIP HOPといえる代物。当時の生温いシーンに対し彼等は余りにも特出し過ぎていた。
MS CRUもといMSCが注目を浴び出したのはクルーの一員でもあるKANが02年B-BOY PARK MCバトルで優勝したのと"FREAKY風紀委員"にてNITROのDABOをリリカルにdisった為。前者は散弾銃のように無呼吸で言葉を吐き出し続ける唯一無二のスタイルと圧倒的な存在感が光ったのが決め手。後者は結局あっさりと和解したのを考えるとKAN(MSC)の売名行為だったと思われる。
爆音で聞いてその圧倒的な破壊力に驚愕してほしい"無言の蓄積"は明らかに今までの日本語ラップシーンになかった類のMICリレー。投げやりで不規則なドラム音にピアノのループ音が乗せられ背筋も凍るような冷え切ったトラックに仕上がった。ボーンと鳴り響く音が洗脳されそうな位頭から離れない。更に最後のKANの高速ラップも見逃せない。
降神の志人を招いた"ALERGY"は再生1秒後にはそのバッドトリップ中の脳内とも言える独特の世界観のトラックにハマってしまうだろう。不思議な音が色々な形で鳴り響くこの曲はKANの高速ラップ。O2の淡々とした不気味なフロウ。志人の跳ねるようなフロウに詩的で病的なリリックなどがガッツリ噛み合った正しくILLと呼べる曲。
その他にも彼等流のチル曲"スペース・ペース"社会や人の異常をシニカルに謳っているKANのソロ曲"反面教師"疾走感溢れるスリリングなMICリレーがMSCのある種の完成形ともとれる"Matador"などは高評価を与えたい。
通して聞くとKANの圧倒的な存在感の前に他MCの個性不足が浮き彫りになっている。所々光る部分はあるのだが、正直似たり寄ったり感が拭えない。更に全体的に一方通行でグロテスクなリリック描写が多く負の先入観も働き聞く者を選んでしまうなど問題点も多い。しかし作りだけを見たら幅広い楽曲郡が占めているし万人受けするとも思うので是非下手な先入観などは捨てて聞いてもらいたい。
| comments(0) | - | MSC |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。