<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< Coma-Chillin' 2005 EP | main | melhentrips >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
BOLD AS RAMB
JUGEMテーマ:音楽

BOLD AS RAMB / RAMB CAMP
★★★★★☆☆☆☆☆

01. INTRO
02. RAMBLE IN DA JUNGLE
03. GASOLINE feat.DJ OLIVE OIL
04. BIG BEAT〜あの気持ちよさにやられちまったぜMIX〜
05. 熱病 feat.INNO
06. LIVING COLOR feat.DJ SYNOPSIS
07. MICROPHONE
08. HUMAN BEAT
09. CRUISING DOWN THE STREET
10. GOLD DIGGER feat.G-DIGGER 44
11. FOOL'S DREAM
12. BIG MAC feat.MC 脳発火 a.k.aBRAIN HACKER,INNO,DAM,朋晃,MS-P,BOOTY

良質な音楽が沢山眠っているっと評判の福岡天神・親不孝通り。それは解散してしまった伝説的グループILL SLANG BLOW'KERの活躍無しでは語れない。そのILL SLANG BLOW'KERのFREEZとBIG FACEを中心にDJ YAMANE THE 緑とDJ RYOを加え、結成されたRAMB CAMPだ。
前身とも言えるILL SLANG BLOW'KERと比べると、MCのYURAが離脱した分、どうしても柔軟性は乏しくなったが、そのぶん一本筋が通った感もある。どす黒く男臭い昭和の匂いを感じさせる。
BUDDHA BRANDのD.LがRAMB CAMPのコトを、あの伝説的なグループMICROPHONE PAGERにも通じる衝撃をうけたと発言していたがそれはRAMB CAMPから発される独特の昭和臭さなどが影響したのではないだろうか?もしかしたらD.Lは"BIG BEAT〜あの気持ちよさにやられちまったぜMIX〜"のタイトルに触発された形での発言だったかも知れないが、それでも大胆無敵ともとれるタイトルのサンプリングには日本語ラップファンなら純粋に心躍ってしまう。
オープニングナンバー"RAMBLE IN DA JUNGLE"は薄暗い商店街を歩いているような異様なイントロ音から「天神 歩く変人」の大合唱。これには度肝を抜かされた。ダミ声だが素直に声が通り聴く者をトリップさせるBIG FACEと淡々としたフロウが病みつきになるシュールな精神異常者(褒め言葉です)のFREEZ。どす黒いトラックに絡みつき映える2人のフロウやコンビネーションは様々なモノをぶち壊す力がある。
そして"BIG MAC"はMC 脳発火 a.k.aBRAIN HACKER,INNO,DAM,朋晃,MS-P,BOOTYと、福岡天神のアーティストがごぞって参加した、天神・親不孝通りアンセム。YURAの参加が無かったのは残念だけど、それでもこのメンツが一堂に集結し、独特の雰囲気を放ちながら唯一無二の存在をアピールするマイクリレーを繰り広げる様にはニンマリ顔だ。純粋にノレル。特に天神では珍しい高音ラッパーBOOTYがツボに入った。
しかし気になる部分も多い。曲順に関しては適当に並べ当てはめたと言う印象が強いし、音質も若干耳障りな部分があり全体的に間延びしてるぶん中だるみも感じてしまう。残念だけど、細かい所で評価を下げてしまった感がある。実際曲単位で聞くと十分に聞かせる力は持ってるので勿体無い。勢いだけでは流石に聞かせるのに限界があるからだ。まだ1stだからといえばあれだが、このままでは今後日の目を浴びるのは難しいかな。
| comments(0) | - | RAMB CAMP |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。