<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< Mr.COMPACT | main | OBEY OUR WAY >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
グレイゾーン
JUGEMテーマ:音楽

グレイゾーン / RHYMESTER
★★★★★★★★☆☆

01. スタンバイ・チューン
02. Rhymester曰く
03. 現金に体を張れ
04. JIN’s ROOM(CM)
05. ザ・グレート・アマチュアリズム
06. だから私は酒を呑む
07. 911エブリデイ
08. フォロー・ザ・リーダー
09. BIG MOUTH
10. スロー・ラーナー
11. お ぼ え て い な い
12. 4’13”
13. グレイゾーン
14. WELCOME 2 MY ROOM

正味な話、僕のRHYMESTERに対する評価っていうのは酷いもんで、酔いどれライマーMAMMY-Dと下手な社会派リリックしか書けない歌多丸のおふざけに近い、掛け合いとチープで面白みの無いDJ JINが作るトラックが絡み合うポップソングのイメージしかありませんでした。だけど、今回この『グレイゾーン』を聞いて、そんな先入観を持っていた自分を恥じました。一つのテーマに対し、皮肉且つ、自信満々に飛び出すリリックの引き出しの豊富さ。DJ JINのブレイクビーツを基調とした幅広いトラック。そして、何よりキング・オブ・ステージの名に相応しい立ち振る舞いっぷり。彼等は日本語ラップシーンを正常に出来る力を持っていると確信しました。
自然体のリリックが目立つメインMC2人に比べ、堅い押し韻が目立つDJ JINが良い味を出している"ザ・グレート・アマチュアリズム"初期の餓鬼レンジャーを思わす単純明快なMICリレー"BIGMOUTH"リリックの題材の珍しさもさるコトながらRHYMESTERらしく無い綺麗めなトラックが癖になる"4’13”"など僕の心を揺さぶってくれた楽曲には本当に感謝したい。
これだけの完成度を誇りながらアルバムタイトルが「曖昧な領域」という意味を持つ『グレイゾーン』っとなっているのは彼等が体たらくな日本語ラップ界の現状を皮肉っているように思えてる。きっと彼等はこの『グレイゾーン』より完成度が低いモノなら聞く価値無いよっと僕等リスナーに提言しているように思えて仕方ない。
| comments(0) | - | RHYMESTER |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。