<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< CONCRETE GREEN3 | main | MAKE THESE THINGS ALRIGHT >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
SDPEP
JUGEMテーマ:音楽

SDPEP / SD JUNKSTA
★★★★★★☆☆☆☆

01. Chapter 2
02. Alarm
03. 一握の砂
04. 犯罪ゼロの街
05. One dey
06. それなら
07. Jack ya steee
08. Sagdown pressure
09. NU
10. Bangla 7
*FM相模/23時

レペゼン神奈川GAMI-River SideのSDP(相武台ポッセ)。SD JUNKSTAが04年〜06年に製作した音源を集めこの度EPという形で緊急リリース。彼らを余り知らない人の為にメンバー構成を紹介するとBRON-K,K-NERO a.k.a NORIKIYO,TKC,IMPULSEの4MCにDJ LIKESTとSEEDA氏との活動で注目を浴びたDJ ISSOが基盤で、更に今作からKYN,SITEという2MCも追加され、現在6MC.2DJで活動している。
SD JUNKSTAの魅力といえば、ストリートの地べたを這いつくばったかのような血なまぐさい危険性と、ILLでノイジーなイカレ具合で、これはBUDDHA BRANDにも通じるモノがあると思う。現に仏陀の代表曲DON'T TEST DA MASTERと同ネタ使いの"B-Kong"『Best Of SDJUNKSTA収録』は家録の為、音質こそ悪いけど、完成度的には本家に負けじと劣らないスリリングなものだった。
ギャングスターHIP HOPと呼ばれる名古屋BALLERS周辺や、横浜OZROSAURUSなどのメインストリームが今一つ好きになれない僕からしたら、SD JUNKSTAのように一つ道を逸れた路地裏の音楽の方が好感が持てる。
『Concrete Green.2』にも収録された"犯罪ゼロの街"この曲の不気味でハスラーな曲調は、今の外見だけを必死に繕ったスカスカで中身が無い日本語ラップとは一線を画したモノで、いつにもましてハードコアなラップが際立つ。"FM相模/23時"はボーナストラック扱いされているのが勿体無い程の出来。前者は疾走感、後者は哀愁漂うトラックが良い。どのトラックもループを基本としながらも、中毒性が高く、先の見えない危険な側面も兼ね備えており聞き応えは十分。まだまだ実力に比べると世間の評価が追いついてないが、個人的にはSD JUNKSTAこそ次世代を担っていくクルーになると信じている。いや、近い内必ずなるだろう。
| comments(0) | - | SD JUNKSTA |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。