<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
BREAK BOY

JUGEMテーマ:音楽

BREAK BOY / 環ROY
★★★★★★★★★☆

01. 晴
02. バニシングポイント
03. 任務遂行
04. J-RAP
05. creation
06. go! today
07. うるせえ
08. 六年間
09. BGM
10. innercity blues
11. f/r/e/s/h
12. オレノバン
13. love deluxe
14. break boy in the dream feat.七尾旅人

僕は環ROYが好きだ。ちょっとバカなコトをしてると、かわいいなーって思い、ちょっと気取ったコトをすれば、かっけぇなーって思う。信者って言い方はなんか嫌だけど、でも彼が生み出す音楽やライブパフォーマンス、PV、アー写ですら、自分の感受性に当たる部分に真っ直ぐ突き刺さり、夢中にさせる。それぐらい環ROYは僕にとって大切なアーティストだ。どんなトラックでも、どんなテーマでも、自分という色を出して、尚且つ思いっきり楽しんでいる彼のセンスは、音楽は理屈じゃなくって、感性で聞くもんなんだなって思わせてくれるし、過去に『やりたいことやらないで 生きてて意味ある?』と、いうリリックを残した彼の考えそのものだと思う。

"任務遂行""go! today""break boy in the dream"はリピート必須!!
| comments(1) | - | 環ROY |
Jonathan Boulet

JUGEMテーマ:音楽

Jonathan Boulet / Jonathan Boulet
★★★★★★★☆☆☆

01. CONTINUE CALLING
02. ONES WHO FLY TWOS WHO DIE
03. YOU NEVER KNEW ME
04. 321 READY OR NOT
05. 10 BILLION YEARS
06. LAY OFF THE STREETS FOR A WHILE
07. ADAM OF ZILLA
08. AFTER ALL
09. LATCH KEY KIDS UNITE
10. NORTH TO SOUTH EAST TO YOU
11. A COMMUNITY SERVICE ANNOUNCEMENT

オーストラリアはシドニー出身Jonathan Bouletのデビューアルバム。彼の手がける多種多様な音が入り混じり、どんなシチュエーションでも映える、ぐいぐいと腰に来るサウンドは、これでノルなよ!という方が無理な注文だと思う。しかもまだ21歳と若いので、これで将来もっと意図的に音や展開を練れるようになったら、いよいよ恐ろしくなりそう。お気に入りは、渋いギターと歌声がとてもマッチしている"You Never Knew Me"もう、いやらし過ぎて、卑猥な曲にしか聞こえなくなった"North To South East To You"異質な雰囲気が話題のPVも素敵な"A Community Service Announcement"の3曲。是非、一回生で見て、燃え尽きるまで踊り狂いたい、そんなアーティストです。
| comments(0) | - | Jonathan Boulet |
Lindas

JUGEMテーマ:音楽

Lindas / 隼人加織
★★★★★★★☆☆☆

01. Slow Motion Bossa Nova
02. すきすきすキス
03. ソルチ
04. もしもし
05. One Night Samba
06. 秋桜
07. Here, There And Everywhere
08. あなたはネコ
09. La Petite Valse
10. 青い愛
11. 渚のリズム
12. Watashi
13. Bossa Novaたちへ〜ポプリ

雨の日多いし、風も強いけど、やっぱりお日様の光を浴びて、暖かーいと感じるようになったら、まごうことなき春ですわ。うん?もう初夏?まぁ何にせよ、陽気に導かれて、散歩したーいっと思ったら、この音楽をお供にひたすら歩き倒せば良いさ!な、隼人加織さんの2ndアルバム。暖かみのある楽器の生音に透明感のある歌声、そして、音の響きを重視した言葉遊びがキュートで、本当に心地良い。特に"すきすきすキス"は、ボサノヴァと日本語って、こんなに合うんだなーっと素直に驚いた。何よりアルバムを通して、彼女のかわいさが凄い伝わってくる、とっても愛くるしい作品。
| comments(0) | - | 隼人加織 |
The Beta Band

JUGEMテーマ:音楽

The Beta Band / The Beta Band
★★★★★★☆☆☆☆

01. Beta Band Rap
02. It's Not Too Beautiful
03. Simple Boy
04. Round the Bend
05. Dance O'Er the Border
06. Broken up Adingdong
07. Number 15
08. Smiling
09. Hard One
10. Cow's Wrong

2004年に8年間のバンド生活にピリオドを打ったThe Beta Bandの1stアルバム。当の本人達はこのアルバムをクソ!と言い放ったらしいけど、でも、僕はそんなクソ!アルバムを、10年以上経った今、面白いっと評価します。だって、ジャンルとかスタイルとか、そういう枠組みとかより、自分達のやりたいコト、入れたい音をとことん詰め込んだ作風だから、こんなに時間が経っても全然色褪せて無いんだもん。特に"Smiling"のバリエーション豊かなサンプリングソースと民族楽器っぽい打ち込み音のアンサンブルは絶妙。9分近い長編だけど、全然それを感じさせない、調和とユニークに溢れた楽曲だと思う。
| comments(2) | - | The Beta Band |
Because

JUGEMテーマ:音楽

Because /  菅野よう子×手嶌葵
★★★★★★★★★☆☆

01. Because
02. a little because

例えば、自分で好きなように思いっきり絵を描こうと決意しても、いざまっさらなキャンパスを目の前にすると、どっから手を付けていいのか分からなくなる時ってあるよね。状況としては凄い魅力的で、自身の熱量もあるから、たぶんどっから書き始めたとしても一定の作品にはなるんだけど、でもそこでおしまい。もし、名作を生み出したいのならば、大まかなガイドラインが必要不可欠になる訳で、この楽曲はそんなガイドラインになれるモノだと思う。目を閉じ、耳をすませ、ピアノの美しい旋律の上に、繊細だけど力強い歌声に導かれるように筆を進めれば、きっと辿り着くと思うんだ、宇宙に。

ちなみにiTunes store限定配信曲です。
| comments(0) | - | 菅野よう子×手嶌葵 |
Suburban

JUGEMテーマ:音楽

Suburban / Suburban
★★★★★★☆☆☆☆

01. Secret Garden feat. TeN
02. 栞 feat. Shing02
03. ほしふるよるに
04. Lotus
05. Alps feat. Capital
06. Kiss and Fly
07. Sky Hig feat. TeN
08. Summer Time (Beach Version)
09. 雲水
10. Kei In Da 洞窟 feat.啓(Live Recording)
11. Summer Time (Sunset Version)
12. Suburban (3 time love)

一昨年の春。周りの環境をガラっと変えた時、僕の頭の中にはいつも"栞"が流れていた。一度行った場所を懐かしく思う気持ちなど言葉で伝わる想いもあれば、自然環境のサンプリングなど音で伝わる想いもある。バラバラだった二つの気持ちが、テンポと共に徐々に絡み合って、一つの場所にぎゅうぎゅうに詰め込んだ結果、バッグからほんの少しだけこぼれ落ちてしまったような、そんな絶妙な感覚に、とても胸を締め付けられた。また、"Alps""Kiss and Fly"などのinst曲は、透明感のある良質な楽曲ばかりなので、5月病対策にでもどうですか?
| comments(0) | - | Suburban |
First Collection Hyde Out Productions

JUGEMテーマ:音楽

First Collection Hyde Out Productions / V.A
★★★★★★★★★☆

01. Moon Strut / Nujabes
02. Don't Even Try It / Funky DL
03. Strive / Apani B-fly Emcee
04. Home Sweet Home / Substantial
05. Still Talking To You / Nujabes
06. Luv (Sic) / Shing02
07. Steadfast / Nujabes
08. Lyrical Terrorists / Substantial & L Universe
09. Lose My Religion-remix / L Universe
10. It's about time・・・remix / Fat Jon
11. Plazma Avenue / Five Deez
12. D.T.F.N. / Cise Start
13. People Don't Stray / Funky DL
14. Luv (Sic) pt2 / Shing02

なんだかんだ言っても、彼(Nujabes)の音楽を聴いていなければ、今の僕は無いと思う。BGMやカラオケの手段としか捉えて無かった音楽が、とてつもなく魅力のあるモノへと変貌を遂げる際、僕は彼の手がけた音色の中にいた。それほど、特別で大切な作品だから、今までレビューしようなんて考えもしなかったけれど、でも今となっては、感謝の意味合いとして紹介するのが一番良いと思った。薄い雲がかかったような、神秘的な雰囲気と若干の焦燥感や胸の高鳴りを感じさせる"Moon Strut"自分が持ちうる最低限の装備で、最大限の効果を発揮した"Still Talking To You"そして、自分をここまで音楽に浸らせてくれた"Luv (Sic)"。あはは、今思えば僕は、その曲名通り、彼の音楽に恋煩いをしていたって訳だ。ちくしょー。

RIP...
| comments(2) | - | V.A. |
降神

JUGEMテーマ:音楽

降神 / 降神
★★★★★★★★★☆

01. -Intro-
02. 時計の針
03. 夢幻
04. rainy morning
05. ジベタリアン
06. rolling god
07. 悪夢街のエルム
08. 不況和音
09. interlude
10. 内外
11. Mo and Mo
12. お尋ね者
13. 罵倒
14. 鬼畜舞踏会
15. 両手
16. ToyStory

なんとなくだけど、日本語ラップのレビューが書きたくて、でも昨今の事情とか全く知らないから、当時恐くて、書けなかった作品を紹介します。もともと日本語ラップを聴く時にリリック(歌詞)を重視しない僕でも、言葉の音だけで楽しめるぐらい、フロウ(歌唱力)が優れている2人のかけ合いは、骨組みのしっかりとしたトラックに組み合わせると、舞台の情景までが見え隠れする物語へと変わる。実際のテーマは知らないけど、少なくても僕は"悪夢街のエルム"はミュージカル、"夢幻"はグリム童話、"Mo and Mo"はメキシコ民謡のように感じたし、スライムのように変幻自在と、姿かたちを変える彼等の音楽は、きっと耳よりも、感性や想像力の方が刺激されてそう。

そういえば、降神は普段日本語ラップを聞かない人でも、音楽的センスが良い?から、聞いている人が多いとか、そういう話を聞くけど、実際日本語ラップを聴いてないのに、彼等に手ぇ出した人ってどういう経路で出したんかな?ただ単に、マスコミの戦略?僕が日本語ラップ経由だからか、純粋に何も知らない人が、コレに手ぇ出そうとするその経緯が全く想像出来ないんだよね。
| comments(0) | - | 降神 |
| 1/26PAGES | >>