<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
新宿STREET LIFE
JUGEMテーマ:音楽

新宿STREET LIFE / MSC
★★★★★★☆☆☆☆

01. INTRO
02. 音信不通
03. 路上の灯 feat.Juswanna
04. 欲
05. 六丁目団地(MSW MIX)
06. この街を愛すと同時に憎んでる feat.SHINGO☆NISHINARI
07. Time is money feat.CHIEF ROKKA
08. 必要悪
09. Fuck野郎充満
10. 心にゆとりとさわやかマナー
11. White River
12. Highreturn Plan
13. Nice街
14. 矛盾
15. 路地裏HOMIES
16. Subway
17. 決断 feat.秋田犬どぶろく

日本語ラップシーンに爆弾(Matador,宿ノ斜塔)を落としてから早3年。KANのソロや様々な客演を経てMSCが再びシーンに舞い戻ってきた。ネクストレベルへ進む為か?仲間内の悪ノリでやってきた今までとは、うって変わりLibraコネクションや外部のトラックメーカーやMCを客演に招き一方通行的だったスタイルから脱却しMSCの新たな側面を見せるコトに。特に国内最高峰のトラックメーカー兼エンジニアのI-DeAとLibra入りを果たした和製ゲットーことシンゴ☆西成の参加は嬉しい。

前作に比べ更に音質は向上しトラックは鮮鋭され深みのある楽曲郡が並ぶ。一部ではその多方面性を批判されてはいるが自分はそれに対して待ったをかけたい。なぜなら今までMSCが顕著に作品に投影してたのは新宿の所謂「負の側面」であってそれだけだ。当然新宿という町はその「負の側面」だけで成り立っている訳では無く、歌舞伎町の華やかさや高田の馬場ら辺の昭和の香りなども含めて『新宿』という町は成り立っている。今作のMSCはそんな一言では言い表わせない様々な顔を持っている新宿の町全体を捉えた作品だと思う。
更にHOOKの単調さを批判するリスナーもいるが、これは彼等なりに生み出したループミュージックの形。HOOKを単調にし繰り返すコトで単純なループミュージックを生み出し作品へのトリップ性を高めている。

メインのMSC名義の曲は、どれもハズレが無く安定して聞ける。その中でも新たなMSCの方向性を存分に示してるのが"決断"だ。艶やかでどこかD-ST周辺に似た雰囲気のトラックが妙にMSCに合っているこの曲はHOOKの大合唱や秋田犬どぶろくの魅力を存分に引き出している。今までのアルバムでお馴染みだったシリアスで疾走感に溢れたラストナンバーとは一線を画すが最高の一曲。
O2,PRIMAL,GOからなるSIDERIDE名義の曲や太華のHUMAN BEAT BOXの上で自由奔放にフリースタイルをしてる少佐が印象的な"White River"友達への追悼をO2の独特なリリックセンスで名曲へと引き上げた"六丁目団地(MSW MIX)"など今までKAN頼りだったMSCとは思えない程他のMCがキャラ立ちをしている。更にLibra勢のJuswanna,シンゴ☆西成(エゲツな!)も十分に実力を披露していて満足の出来。
全体的にトラックが派手になったコトも関係してか、今までMSCに感じられた社会に対する批判や飢えが影を潜め、今回は警察や金といった妙に生々しい部分への批判が主になっている。しかしこれだけは失敗だった。リリックがより生々しくなった反面萎えてしまうのだ。いやオマエ等は十分幸せじゃん?って。好き勝手やって金貰ってるのにそれでもまだ「お金が欲しい」「警察はウザい」ってその考えはどうなの?って。MSCに求めてるのは悪(あく)であって悪(ワル)では無いと思う。
アクの強い曲が多い為か、なぜか通して聞く気になれないが(NITROの2ndに近い)一曲単位で聞いていけば意外と耳に入る。もし聞いて、これはダメだ。と感じたリスナーは半年程距離を置いてからまた聞いてもらいたい。固定概念を捨て純粋に耳を傾けた時、一つのエンターテイメントになってる本作をきっと気に入るに違いない。
| comments(0) | - | MSC |
宿ノ斜塔
JUGEMテーマ:音楽

宿ノ斜塔 / MSC
★★★★★★★☆☆☆

01. 宿ノ斜塔
02. 反抗声明
03. あれよという間に feat.志人,心,ナノルナモナイ
04. 北ノ証人
05. 宿ノ社交
06. 天地無用

前作『Matador』のヒットのお陰か?MSCが自主レーベルLibra RECORDを立ち上げリリースしたミニアルバム。『Matador』が03年2月発売でこの『宿ノ斜塔』が03年11月発売と非常に短いスパンで製作されたが、いやはや1年でここまで進化するものなんですね。

冒頭の少佐のフリースタイルだけでクラシックと呼べる"宿ノ斜塔"時たま入る笛の音が何とも言えない味を出してる"反抗声明"前作Matadorを思わせるスリリングな破壊力が魅力の"天地無用"など。どれも高水準の曲ばかり。
全体的に音に厚みが出てトラックの質が上がったように思えた。恐ろしさやスリリング感が増しよりMSC色が強まったと言うところか。更にMCにも進化が伺われる。ある種完成されているKANは言わずもがなO2,PRIMAL,TAV(TA-BOO)に個性が出てきて差別化が始まった。(ちなみにGOは不参加)特にO2の淡々としたフロウに映える心無いパンチラインには末恐ろしさも。冒頭のみの参加で最高の仕事っぷりを見せた少佐共々今後エースになれる資質を兼ね揃えていると言える。特に耳に焼き付いたのがこのライン。

エレベーター内しょっちゅう遭遇 かすれ声女子中学生 シンナー臭ぇ もう死んだくせぇ 裸足ローファー 真っ白な肌まだしんなくて by.O2

こんな言葉を何事も無かったように淡々と吐き出せるのは異常。

そして03年最大の問題作となった"あれよという間に"はTemple ATS(降神)から志人,ナノルナノナイ,心を招待した。当時2大アングラ巨頭のMSCと降神の競演には素直に心踊る。O-KIらしい冷たく疾走感のあるトラックは素直に良質と感じる出来。リリックの統一性は全くと言う程感じないが参加してるMC全てがパンチラインを残し「あれよという間に」MICを繋いでいく台風のような曲。個人的には歴代日本語ラップの中でも最上級の賞賛を与えれる曲だと思う。BLASTのベストシングル部門で誰も挙げなかったのが不思議でならない。
| comments(0) | - | MSC |
Matador
JUGEMテーマ:音楽

Matador / MSC
★★★★★★★★☆☆

01. INTRO
02. 無言の蓄積
03. 新宿Running dogs
04. 新宿U.G.A remix 03'
05. 甲斐性
06. スペース・ペース
07. INTERLUDE
08. ALERGY feat.志人
09. MASTA PIECE feat.DJ BAKU
10. 支離滅裂
11. For S feat.Red Rice,若旦那
12. FREAKY風紀委員 feat.DJ BAKU
13. MATADOR Office feat.DJ BAKU
14. 反面教師
15. MATADOR
16. OUTRO

MS CRUからMSCに改名し当時の日本語ラップシーンに蔓延っていた飽和状態に対し、馴れ合いのシーンに止めを刺すべくリリースされた1stアルバム。東京・新宿を基点に活動する彼等の都心だからこそ感じられる社会や人間の矛盾性、醜さを生々しい描写で言葉にし主張する様は東京ギャングスタースタイルとでも言えようか。さらに1st EP『帝都崩壊』の"幻影""快感"などで垣間見せた柔軟性にとんだブラックユーモア満載の楽曲は日本語版HIP HOPといえる代物。当時の生温いシーンに対し彼等は余りにも特出し過ぎていた。
MS CRUもといMSCが注目を浴び出したのはクルーの一員でもあるKANが02年B-BOY PARK MCバトルで優勝したのと"FREAKY風紀委員"にてNITROのDABOをリリカルにdisった為。前者は散弾銃のように無呼吸で言葉を吐き出し続ける唯一無二のスタイルと圧倒的な存在感が光ったのが決め手。後者は結局あっさりと和解したのを考えるとKAN(MSC)の売名行為だったと思われる。
爆音で聞いてその圧倒的な破壊力に驚愕してほしい"無言の蓄積"は明らかに今までの日本語ラップシーンになかった類のMICリレー。投げやりで不規則なドラム音にピアノのループ音が乗せられ背筋も凍るような冷え切ったトラックに仕上がった。ボーンと鳴り響く音が洗脳されそうな位頭から離れない。更に最後のKANの高速ラップも見逃せない。
降神の志人を招いた"ALERGY"は再生1秒後にはそのバッドトリップ中の脳内とも言える独特の世界観のトラックにハマってしまうだろう。不思議な音が色々な形で鳴り響くこの曲はKANの高速ラップ。O2の淡々とした不気味なフロウ。志人の跳ねるようなフロウに詩的で病的なリリックなどがガッツリ噛み合った正しくILLと呼べる曲。
その他にも彼等流のチル曲"スペース・ペース"社会や人の異常をシニカルに謳っているKANのソロ曲"反面教師"疾走感溢れるスリリングなMICリレーがMSCのある種の完成形ともとれる"Matador"などは高評価を与えたい。
通して聞くとKANの圧倒的な存在感の前に他MCの個性不足が浮き彫りになっている。所々光る部分はあるのだが、正直似たり寄ったり感が拭えない。更に全体的に一方通行でグロテスクなリリック描写が多く負の先入観も働き聞く者を選んでしまうなど問題点も多い。しかし作りだけを見たら幅広い楽曲郡が占めているし万人受けするとも思うので是非下手な先入観などは捨てて聞いてもらいたい。
| comments(0) | - | MSC |
帝都崩壊
JUGEMテーマ:音楽

帝都崩壊 / MS CRU
★★★★★☆☆☆☆☆

01. INTRO
02. 幻影
03. 満月の挽歌
04. 快感
05. 構造改革REMIX

NITROの登場(活躍)により、一時代が築きあげられつつあった2002年。ただその裏で新世代の旗揚げとして密かに注目されていたのが、今やシーンの中心に君臨しているM.O.S.A.D.や韻踏合組合そして彼等MS CRU(後にMSCに改名)だ。2002年B-BOY PARK MC BATTLE優勝者のKANを中心に飽和状態(馴れ合い)だったシーンに、風穴を開けるべく結成された彼等の音楽は今までのシーンには無かった、日本の首都・東京(新宿)の裏側(現状)が垣間見える危険な作風が魅力。今聴くと若干チープなトラックが気にはなるが、初期の彼等の集大成"満月の挽歌"は今でも色褪せないクラシックだ。
| comments(0) | - | MSC |
| 1/1PAGES |