<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
My Worlds Laugh Behind The Mask
JUGEMテーマ:音楽

My Worlds Laugh Behind The Mask / SHUREN THE FIRE
★★★★★★★★☆☆

01. Space Radio
02. A Morning In S*apporo
03. Rage Against Me (I Wanna Die With Music)
04. 111 Helicopter
05. A Day In S*apporo
06. The World Of Pain
07. Punk
08. A Night In S*apporo
09. 100 Evil Round Midnight
10. Rage Against You(2 Ultra Sonic Wave Guns)
11. 暁に弓を射る俺は雪原の狼
12. Shuren Music With U

MJP(後に脱退)の中でも、最重要人物に数えられるSHUREN THE FIREのソロワークスは、他人の評価などを全く気にせず、独自の世界観を前面に押し出したアバンギャルドな作風が魅力だ。っと偉そうに書いてみたもののさすがにここまで難解且つ、一瞬でも気を抜いたら身を切り裂かれそうなストイックな作品は評価するのがとても難しい。次第にその難しさはこの作品にかける彼の想いと比例していくようになり、最終的に僕はこれを2003年ベスト作品として皆様に紹介するコトに決めた。たぶん万人ウケしない本作がこの評価だと異論の声もあるだろう。けど僕は、未だかつて類を見ないフリージャズミュージシャンSHUREN THE FIREの脳内宇宙で構成される、中毒性の高い音楽性は、今のシーンにおいて、初めて日本語ラップという小さな枠組みに収まりきらない、そんな貴重な作品だと思うんだ。
| comments(0) | - | SHUREN the FIRE |
BIRD OF 12 GAUGE
JUGEMテーマ:音楽

BIRD OF 12 GAUGE / SHUREN the FIRE
★★★★★★☆☆☆☆

01. SPEED & WORDS
02. Double Barrel
03. The WAR RIFF
04. a passion
05. SPEED & WORDS(inst.)
06. Double Barrel(inst.)
07. a passion(inst.)

BOSS THE MCが主宰するレーベルTHA BLUE HERB RECORDINGSからMic Jack ProductionのSHUREN the FIREが1st MAXIをリリース。SHURENの特徴と言えば、脳内宇宙とも言える壮大で奥深い世界観がウリのトラックだ。一言で言えばJAZZYなのだが、SHURENのそれはまるでブラックホールでもサンプリングしたかのように、様々なモノを吸収し、尚且つ凝縮したような今まで味わったコトの無い、濃厚な世界が充満している。
ただ、今まではそんな異質なトラックに比べて、少し単調に思えるフロウがどうしても自分には合わなくSHURENは敬遠気味だった。けど冷静に聞き直すと、単調と思われたフロウは実に短調や強弱が付いている疾走感に溢れたモノだと思ったし、何より聞き込めば聞き込む程、凄みが滲み出るフロウが次第に病みつきになっていった。まるで聞く度に体内の毒素が浄化されてくようなそんな印象も受けた。
後に出た1stアルバム『My Worlds Laugh Behind The Mask』はよりSHURENらしい脳内麻薬が爆発した、疾走感に任せ好き勝手にやっている作品なのでそちらも要チェック。
| comments(0) | - | SHUREN the FIRE |
| 1/1PAGES |