<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
SOULSPITS
JUGEMテーマ:音楽

SOULSPITS / TARO SOUL
★★★★☆☆☆☆☆☆

01. SOUL SPIT
02. CAN'T STOP feat.COMA-CHI
03. 俺と上野 feat.サイプレス上野
04. ME & MY MIC
05. B-BOYの休日
06. MAGIC MOMENT
07. SO WHAT? Feat.GOUKI,ダースレイダー
08. THIS IS THE WAY
09. AFTER THE PARTY
10. 蜂のように
11. ラディダディ feat.太華
12. PAIN feat.太華,タカツキ,CHI3 CHEE,ALI-KICK
13. 現場でSEE YA!

「次世代の客演王」「HIP HOPの4大要素を兼ね備えている本当のB-BOY」「一人HIP HOP男」など様々な異名を持つTARO SOULがいよいよソロデビュー。ただ実績より先に名前が売れてしまった為、人によっては「DMRで当たっただけでしょ?まだまだこれからだよ」と辛口なコメントをする人もいるだろうが、実はTARO SOULの名前自体はそれこそ随分前(まだMC名が太朗だった時も含めると)の頃から何かと知られており、キャリアだけなら意外に長い。ただ当時の彼は中々自分のキャラを確立出来なくて、他の個性的なMC達(KEN THE 390やDejiなど)に隠れていたのも事実。
そんな彼がダースレイダーに出会い、活躍の場をもらってからというものの、すごい勢いでスキルは向上し、遂にダースレイダーのアルバム『ガレージ男の魂』に収録されている"ガレージ男の魂 Feat.KEN THE 390,Tarosoul,Coma-Chi"で、今の彼の歌いあげるスタイルは確立された。そして、知っての通り、それからというものの怒涛のペースで客演の依頼が殺到するようになった。

彼の最大の魅力ともいえる、あの歌いあげるようなフロウは、とにかく今の日本語ラップシーンでは、際立つオリジナルティ。歌うという点では、Y.O.G.や志人のスタイルに近い気もするけど、彼等程甘口じゃないので、素直にラップミュージックとして聴ける。とにかく今回の作品はHIP HOPへの恩返しが強い作品だと思うので、次の作品こそが彼の純粋の実力が分かると思う。
| comments(0) | - | TARO SOUL |
| 1/1PAGES |