<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
東京トビドウグ
JUGEMテーマ:音楽

東京トビドウグ / 大和民族
★★★★☆☆☆☆☆☆

01. 民族大移動
02. AAA!!
03. 断突
04. 合言葉 feat.EI-ONE,はなび
05. 四六時中
06. 息抜き
07. 正面衝突 feat.ダースレイダー
08. 日本・東京・男・HIP HOP
09. オニフスベ
10. マジでさわんな feat.ガスケン
11. 東京トビドウグ
12. 夜
13. 一体どこ?
14. RAP一等兵全体進め feat.107n,南国,ISO,ティグレ
15. 電車の中の夢の中
16. コンチクショウ

インダラ、CUTE、DJパンツからなるDMRきってのハイテンション変態MC`sの大和民族。その暴走ともとれる異常なまでのゴリゴリ感と高速ラップはGOOD FELLARSに近いモノを感じた。きっと日本語ラップ好きだけでなく、ハードコアパンクが好きな人もクリーンヒットするんじゃないかな。
ただその分、代わり映えの無い単調な楽曲郡が並ぶんじゃないかと危惧していたけど、彼等はそれを二つの方法を使って回避した。

一つは後半に良質な曲を持ってきたコト。
一つは同じような雰囲気の曲を2曲続けて並べなかったコト。

前者はアルバムを聞いたら分かる通り仕組んだな!っと思わせる程後半に行くに連れて良質な曲に仕上がっている。特に"東京トビドウグ"以降の曲に関しては文句無しの出来だ。後者は文の通り同じような曲("AAA!!"と"マジでさわんな"とか"一体どこ?"と"コンチクショウ"など)を続けて並べるのでは無く、ある程度離して単調な展開を阻止した。この安易だが地道な作戦は素直に成功したと言えるだろう。飽きの来ないとまではいかないが、最後までしっかりと聞くコトができるモノに仕上がった。

ロックテイストなトラックに予想以上のコンビネーションを見せる"合言葉"日本国軍歌を思わせるような珍しく正当派スタイルが耳に残る"東京トビドウグ"ガスケンとの最凶3MCが爆発的な疾走感を生み出した"マジでさわんな"などは一定の水準を越えているし"AAA!!"と"夜"に至っては彼等の代表曲とも言える出来。

そしてこの個性的な曲の中でも異常な輝きを見せているのが大和民族と縁のある東京アングラシーンのMCが一同に参加した"RAP一等兵全体進め feat.107n,南国,ISO,ティグレ"だ。今までのDMRでは無かった色の曲で(今でいう処の『とぐろ』に近い)とにかく異彩を放っている。激しくずっしりと鳴り響いているドラム音の上に単純で綺麗なループミュージックが乗っているトラックはまるで「下は大火事、上は洪水」っと言ったところか(なぞなぞかよ!)。そんな相反しながらも噛み合っている不思議なトラックの一体感が癖になるコト請け合いだ。
featアーティストについては名前すら聞いたコトが無い人等なので安直な感想になるが高音フロウ耳に付く107n。詩的ラップが妙にハマっている南国。この中ではスキルが飛びぬけて高く黙々と韻を踏んでいるISO(あのI.S.O.Pという噂もあり)。ドス黒いフロウが天神親不孝通り系を思わせるティグレなど。様々な個性がバチバチとぶつかりあっているこの曲こそ東京アングラアンセム。何時までも色褪せない名曲がまた一つ生まれた。

ちなみになぜかこのアルバムはネットだと場所によって曲順や曲名がバラバラで統一されてなく軽く困惑します。なぜなんだろう…。
| comments(0) | - | 大和民族 |
| 1/1PAGES |