<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
UNIVERSAL TRUTH
JUGEMテーマ:音楽

UNIVERSAL TRUTH / MIC JACK PRODUCTION
★★★★★★★★☆☆

01. TUNING
02. 楔 -KUSABI-
03. VERTIGO
04. VOODOO
05. SONG OF FREEDOM
06. MR. WORKAHOLIC MAN
07. FIGHTING FLOW -FINAL EDITION-
08. SOUL BROTHER
09. CAMOUFLAGE LOVE
10. WELCOME TO THE SILVER WORLD
11. CONCERNED
12. ALT. NATIVE MUSIC
13. LAST DAY
14. CALL FROM JOHN MORONY C.C.
15. UNIVERSAL TRUTH

「春は桜 夏は星 秋は月 冬は雪 AWARDS 2006」でアルバム部門Best.1に選んでおきながら、その時には僕自身選んだ理由を言葉に出来なかったんだけど、最近ようやく適切な表現が見つかりました。たぶんこの作品は去年リリースされた作品の中で、僕が求める日本語ラップの理想の作品なんだと思います。僕は主に曲を音ありきで聴いてて、ライムすら楽器の一つとして聴いてる感じなんで、リリックは歌詞カードを見ながらとか意識しながら聴かないとあんまり残らないタイプなんだけど、そんな中でもリリックが耳に残り、胸に突き刺さるのが彼等なんですよね。確かに破壊ってイメージが強かった1stアルバムと比べると、ストイックな面が減ったりとか、エースMCだったSHUREN THE FIREが脱退したとか、色んなネガティブな要素も確かにあるんだけど、でもそれ以上にメンバー各々がそれを感じさせないぐらい急成長していて、またそれを一つのグループとして成立させているBIG JOEの存在感が何よりも大きい。アルバム的には特に"SOUL BROTHER"からの流れが素晴らしく痺れました。ほんと日本語ラップ、日本語ラップってよく言うけれど、彼らの音楽はHip Hopですよ。
| comments(0) | - | MIC JACK PRODUCTION |
ExPerience The Ill Dance Music
JUGEMテーマ:音楽

ExPerience The Ill Dance Music / MIC JACK PRODUCTION
★★★★★★★☆☆☆

01. Experience The Ill Dance Music
02. Emotional Mic
03. Jail Bird
04. The Bright Age......
05. Natural
06. Seven Seas Voyage

MJPの3段攻勢(COZ-MOS完全版→NaturalとJail Birdのアナログ→そして今作)の集大成に相応しい一枚。アナログオンリーだった"Jail Bird""Natural""Seven Seas Voyage"の3曲に未発表曲3曲(『Experience The Ill Dance Music』はintroなので実質2曲)を加え、リマスタリングまで施したファンなら涎がダダ漏れの内容。しかもこのCDを出した理由が「昨年アナログを手に入れる事が出来なかった人の為に」というメンバーの意向でらしい。その心意気素晴らしい!全くこれからは北海道に足を向けて寝れないです。

"Emotional Mic"はアルバムの序章にはうってつけのアップテンポな曲。"Experience The Ill Dance Music"からの繋ぎもスムーズで入りやすい。まもなく始まる濃厚で様々なMJPワールドの入り口的存在の曲だ。
MJPのリーダーだけに留まらず北海道ラップ界のカリスマ的存在のBIG JOE。かのBOSS THE MCも「尊敬する人は?」の問いにBIG JOEの名前を挙げたという。この"Jail Bird"は現在オーストラリアで服役中のBIG JOEに捧げた楽曲で、各人のリリックにもJOEに対する想いやリスペクトが端々に感じ取れる。またサビはメンバーはもちろんリスナーからの想いでもある。
「Jesus Christ. Yesただ祈るだけ Jailで死すのは嫌なだけ...」

4曲目の"The Bright Age......"はとにかく熱い!今年のJリーグ並に熱い楽曲。日本の歴史(高度経済成長やバブル崩壊)など「戦後から現在まで」に起きた特徴的な出来事を日の出とかけて、語ってくれるんだけど、正直聞き終えた瞬間には口があんぐりと開いてしまっていたのは僕だけでは無いと思う。それぐらい圧倒的な内容だった。また徐々に激しさを増すトラックには機械の暴走も匂わせており、本当に彼等の凄さを再確認した楽曲だった。
"Natural"はその名の通り自然にリスペクトを施した楽曲。ベース音がズンズンと響くトラックにまるで踊るようにラップをする彼等のスタイルこそIll Dance musicの名に相応しいと思う。サビの「Natural 太陽と月のrhythmの線上にあるから心地いいんだ」という言葉はある種の悟り。音楽を自然体で感じられる喜びは何事にも変えられない。

"Seven Seas Voyage"は説明無用の名曲。ただDEMOバージョンに比べて、音が増えてしまった分、単純で心地よいループミュージックという最大の魅力をやや失ってしまったがそれでもこの曲をこのクオリティで聴けるだけで感動。このEPでは唯一BIG JOEのラップが収録されている点も聞き逃せない。けど、やはりこの曲はYURAの存在が余りにも大きい。よく笑いの神がとかいうけれど、この曲のYURAにはラップの神が舞い降りたと思う。
| comments(0) | - | MIC JACK PRODUCTION |
| 1/1PAGES |