<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
GOOD MUSIC

JUGEMテーマ:音楽

GOOD MUSIC / KICK THE CAN CREW
★★★★☆☆☆☆☆☆

01.OPENING
02.性コンティニュー
03.パレード
04.MISSION 1
05.脳内VACATION (album edit)
06.ALL NIGHT LONG
07.裏表
08.揺れ
09.MISSION 2
10.自由TIME (album edit)
11.ナビゲーター
12.LIKE THIS (GOOD!)
13.GOOD MUSIC
14.MISSION 3
15.パンク寸前のFUNK
16.もしも

KICK THE CAN CREWのラストアルバム?となる今作。抜群のコンビネーションを誇っていた彼等だけに「音楽性の違いの為」の休止とは少々驚きだった。(後にKREVAのインタビューで詳細判明)しかし当時の彼等に対する不可解なバッシングには余りにも酷いモノがあり、確かに正式に評価されていなかった。なので一度全てをリセットすると言う意味でも休止と言う選択は正解だったのかもしれない。
当時は中途半端なシングルを立て続けにドロップしそのまま平然とアルバムをリリースした彼等に嫌気がさしていた。が、今改めてフラットな状態で聞くと、このアルバムの端々には当時の彼等の苦悩や心の葛藤が垣間見える。もしかしたら彼等なりに「自分達の思い描きたいKTCC像」と「リスナーが思い描いてるKTCC像』とのギャップに苦しんだのかもしれない。このアルバムはそんな「リスナーが思い描いてるKTCC像」を壊さないように努めた作品だと思う。"性コンティニュー"のようなDis曲ですらリリックの毒々しさとは裏腹に無理やりパーティーチューンに仕上げている様には痛々しさすら感じる。
そんな現実と理想の狭間で苦しみながらも"ユートピア"や"アンバランス"に並ぶと思われる名曲が"GOOD MUSIC"だ。ギャグでは無く本当に"GOOD MUSIC"と思う。ギターのスリリングスが心地良く彼等には無かったタイプのトラックだけに癖になる。HOOKでのいつ切り替わったか分からない完璧なコンビネーションなどは彼等だから成せる技術。
「1verse,1hook」と言う業界初の試みをした"MISSION"計画は自然体のLITTLEやMCUに比べるとKREVAの入れ込み具合が空回りしてしまった感がある。(明らかにKREVA一人だけ力の入れ様が違う)面白い試みだったが全編を通すと何とも言えない中途半端な仕上がりになってしまった
その他には"脳内VACATION (album edit)"や"揺れ"は"GOOD MUSIC"に劣るとは言え一定のラインを超え十分に良質と言える出来で楽しめる。
最後に一つだけ口を酸っぱくして言うならばシングル『性コンティニュー』に収録されている"BREAK 3"をなぜ収録しなかったのだろうか。もしこの名曲を入れてくれたのなら間違いなく★1つ分の評価は変わったはずだ。
| comments(0) | - | KICK THE CAN CREW |
magic number

JUGEMテーマ:音楽

magic number / KICK THE CAN CREW
★★★★★☆☆☆☆☆

01.登場
02.RE−FRESH
03.地球ブルース〜337〜
04.ストレス
05.mama said〜ハタラキッパ〜
06.アンバランス
07.ナニカ
08.movingman
09.DJDJ(for RADIO)
10.CAN−CAN
11.TORIIIIIICO! feat.CASSETTE VISION
12.E.L.E.M.E.N.T.S.
13.LONELY ONE
14.sayonara sayonara(Album Edit)feat.CUE ZERO
15.magic number

キャラ立ち3MC+1DJのメジャーセカンドアルバム。発売当初はキングギドラのDis問題があった為、余計な先入観を持ち邪険を抱いてた人も多いのでは?しかしその風潮が無くなった今だからこそ、きちんと評価を正すべきだ。
キャラ立ち3MCで売っているだけあり確かに各々にキャラ立ちはしている。高音フロウでパンチラインが多いLITTLEが一人抜けているようにも思えるが、全体的なリリックの構成力はKREVAがもっとも上手く、MCUは実力派MCの二人に負けない独自の世界観を確立している。この絶妙とも言える三人のバランスは今思えば逆に誰かが少しでも動いたら崩れてしまうようなアンバランスな状態だったのかもしれない。
"アンバランス"という絶対的な名曲を筆頭にシングル曲の"地球ブルース〜337〜""TORIIIIIICO!""sayonara sayonara"はとても同じアーティストが作ったとは思えない程バリエーション豊か。特に"sayonara sayonara"は目新しいトランス風味なトラックが上手くハマり、単純に上がる。本当にこれが叩かれていたグループなのか!っと思ってしまうカッコ良さだ。
その他にも誰もが一度は経験する切ない思いが溢れ出る引越しをテーマに綺麗なアコギ音に乗せて謳う"movieman"事務所の社長elements氏に捧ぐ"E.L.E.M.E.N.T.S."初期のSHAKKA ZOMBIEにも似た疾走感に雰囲気を匂わす"ナニカ"など甘酸っぱい気持ちにさせる楽曲郡。+そこにアジアンテイストなワーカーホリック"mama said〜ハタラキッパ〜"や底抜けにアゲアゲな"LONEY ONE"などを織り交ぜるなど全体的なバランスの取り方が非常に上手い。
そしてとても個人的な感想で悪いのだが、なぜかこのアルバムに対して自分は「料理」と言う印象を抱いた。色鮮やかで個性的な食材(トラック)を独自の理念に基づき調理する料理人(MC達)。そして見事に並べられたバリエーション豊かな料理群は前菜から副菜、主食、はたまたデザートまで。ラップフルコースと名づけても言い過ぎでは無いはずだ。
食べ物には好き嫌いが付き物で、このアルバムに関しては圧倒的に食わず嫌いの人が多いと思う。しかし様々な食材、技法がふんだんに使われているこのフルコース(アルバム)こそ本当にリスナーに愛されるべき作品だと自分は思う。
| comments(0) | - | KICK THE CAN CREW |
VITALIZER

JUGEMテーマ:音楽

VITALIZER / KICK THE CAN CREW
★★★★★★☆☆☆☆

01.THE THEME OF "KICK"
02.スーパーオリジナル
03.マルシェ
04.ONEWAY
05.カンケリ02
06.キックOFF
07.イツナロウバ
08.C'MON EVERYBODY(Remix) Feat.Innosence
09.VITALIZER
10.ONE FOR THE WHAT,TWO FOR THE WHO PART
10.?WHATCHANAME?
11.神輿ロッカーズ Feat.Rhymester
12.LIFELINE(Version2)
13.HANDS

今でこそ当たり前となったが当時としては画期的だった歌謡曲のサンプリング(しかも大ネタ!!)。まさかの名曲"クリスマス・イブRap"でJ-POPシーンに風穴を開けブレイクした彼等のメジャー1stアルバムは、初っ端から勝負をかけた一枚となった。それは収録すれば3万枚の差は出たんじゃ無いかと関係者からは言われ(嘘です)、ブレイクのきっかけともなった"クリスマス・イブRap"をキワモノ扱いしあえて収録さず、自分達の描いてるアルバムのコンセプトを大切にし、マスコミに踊らされるようなミーハーファンをバシッと遮断したのだ。メジャーフィールドに上がってきたばっかの新人とは思えないふてぶてしい態度だが、彼等はそんな周囲の雑音を完成度の高さで黙らせた。

この頃の彼等は新人らしい勢いや確固たる自信が前面に出ていてそれが上手く働いている。時たま見え隠れする粗をも、かき消す程のポジティブさで単調になりがちなHOOKも否応無く上がらせてくれる。その後のゴタゴタで残念ながら失われた勢いや自信こそが当時の彼等の武器。そんな勢いや自信が1stシングル"スーパーオリジナル"に繋がり真夏のキラーチューン"イツナロウバ"のような澄みに澄みきった名曲を生み出したのでは無いだろうか。まぁ若干行き過ぎた感のある"マルシェ"や"神輿ロッカーズ"なども彼等らしさを十分に披露している楽曲と言える。
後にシングルカットされた"ONEWAY"はPVで当時売れていなかった(失礼)市川由衣を起用した意欲作(曲と全く関係無し)。荒野を思わせるようなギターとカスタネットが颯爽と鳴り響くこの曲は、あの頃のカッコ良さをも感じさせる。彼等の拳銃(リリック)はそこいらに憚かっているグダMCなんかとは比べ物にならない程破壊力を秘めている。というのを証明した。
そしてアルバム最大の山場ともいえる"LIFELINE(Version2)"は人間のLIFELINEについて謳うと言った地球規模のどデカイもの。ドラムにさながらクラシックバイオリン音が重なり壮大な世界観を表しているトラック。人間の必然性や日常、絶つコトの出来ない自然との繋がりをリリックにしたMC達。特にKREVAのリリック、発声の仕方には身震いすらした。
完成度的には2nd『magic namber』と大差ないが(むしろ曲だけを見るなら2ndの方が…)しかしこのアルバムが今まで地下底に燻っていた日本語ラップを世間に掘り起こしたコトとあえて最強の切り札(イブRap)を外したコトに最大の敬意を払い評価した結果★を一つ増やさせて頂いた。
| comments(0) | - | KICK THE CAN CREW |
GREATEST HITS

JUGEMテーマ:音楽

GREATEST HITS / KICK THE CAN CREW
★★★★★★★☆☆☆

01.Down by Law feat.CRAZY-A
02.GOOD TIME! (ver.2001)
03.3MCs+1DJ
04.Color Variation feat.SANAE
05.マイクロフォンのテーマ feat.MEGUMI MASHIRO
06.one for the what,two for the who(ver.2001)
07.one for the what,two for the who(part2)
08.ユートピア (ver.2001)
09.X-amount (ver.2001)
10.今日から明日
11.灼熱舞踏会
12.Why did I ? (remix)
13.エルニーニョ(ver.2001)
14.今日から明日
15.タカオニ2000
16.タカオニ
17.カンケリ

インディーズ時代に製作した音源を多数再収録(リマスタリング)を施したKICK THE CAN CREWのインディーズ版ベストアルバム。『GREATEST HITS』と題しているが必ずしも彼等の持ち得る最高の曲を並べた訳では無く、全体的な流れや今後のメジャーでの活動を視野に入れて、聞きやすさを重視視し一般受けしそうな楽曲を並べた印象だ。
(ちなみに(version.2001)と書いてあるのが再収録曲だが、原曲より確実に音質が向上しており、声の通り具合も全然違う(たぶん収録したスタジオが違うっぽい)。原曲はどちらかと言うと声が潜っていて擦れているが再収録の方は声が前面に押し出されている。他の曲との兼ね合いの性だとは思うがこの試みは素直に嬉しい。)
KICK絶頂期云え注目曲を上げれば切りが無いが謎の歌姫SANAEの伸びのある歌声と鉄琴のようなクリアな音の浮遊感が綺麗に絡みあう"Color Variation"彼等の持ち味であるフレッシュでエネルギッシュな面が十二分に出ている代表曲"GOOD TIME!"10代の頃のような純粋無垢なフロウが時代を感じさせる本当の処女作"カンケリ"などは一聴の価値がある。
そしてこの曲を世間様に知ってほしいが為に日本語ラップのレビューを始めたと言っても過言では無い。その曲の名は"ユートピア"自分が日本語ラップにハマる要因にもなった曲でもある。哀愁漂うトラックは空一面の星空を連想させるモノで是非とも秋の夜空を見ながら聞きたい曲。どれだけ生きていけば自分のユートピアと言うのが見つかるのか?っと言う誰もが思う永遠の難題を彼等は飾り気の無い等身大のリリックで自分の弱さや苦悩を謳っている。永遠のクラシック。まだ未聴の人は一刻も早く聞くコトを勧めます。聞かないで過ごすには勿体無い名曲です。
曲自体の完成度は高いのだが全編skit無し、ボーナストラック気味な"Down by Law"がオープニングナンバーと言うコトで中だるみや序盤の流れの悪さが気にかかる。これだったら"Down by Law"を外し、いつもの凝ったINTROを入れた方が聞きやすさが格段と上がると思うのだが。確かにB-BOY PARKのメインテーマにもなりCRAZY-A氏との共演という歴史的な曲だがこのアルバムの持っているコンセプトとは、かけ離れている曲だっただけにそれだけが残念でならない。
| comments(0) | - | KICK THE CAN CREW |
YOUNG KING

JUGEMテーマ:音楽

YOUNG KING / KICK THE CAN CREW
★★★★★★★★☆☆

01.Call&…
02.KICK OFF
03.Megacityrunning
04.Why did I?
05.GOOD TIME!
06.PARTYOVER
07.ユートピア
08.X-amount
09.旅人
10.エルニーニョ
11.united rivers
12.河と海が合わさるところ
13.タカオニ2000

硬派なラップ集団ZINGIファミリーの一員だったレゲエ出身のLITTLE。BY PHAR THE DOPESTのKREVA。RADICAL FREAKSのMCU。経歴も実力もバラバラの彼等がグループを組んだのは日本語ラップのコンピレーションアルバム『BEST OF JAPANESE HIP HOP 7』収録の"カンケリ"(これがグループ名の由来)で初セッションし成功を収めたからだ。その勢いがKICK THE CAN CREWとしての活動へと繋がっていった。
殆どの曲がverse→hook→verse→hook→verse→hook×2というシンプルな構造をしている。一見飽きが早そうにも思えるが彼等キャラ立ち3MCのライム。KREVAの様々な理論から基づいた完成された上質なトラック。そしてつい口ずさみたくなる馴染み易さが上手い具合に統合され、ここまで完成度の高いグループになったのだろう。
毎度毎度凝ったintroを作ってくれるが、その先駆けとも言える"Call&…"を経てまずは"KICK OFF"で自己紹介&これから進むサクセスストーリーにキック!!絶妙とも言えるMICリレーは彼等ならではで初っ端からリスナーをガッツリとロックする。それに続けと"Megacityrunning"ではHOOKの幼稚さ(サンプリングと言う噂も…)に若干物足りなさが残るが今では感じられない勢いと荒々しさが頼もしい。特にLITTLEの切れ味鋭いライミングは毒々しさも合わせ持っており非常に痛快。東京一番小さなMC a.k.a. 小さな巨人の名は伊達じゃない。
そしてKICK史上最高の破壊力を持つ"united rivers"ドラムの打ち込み音が荒々しく響くトラックは今後ドロップされる楽曲とは一線を画す非常に好戦的な曲。圧迫感と毒々しさがこれ程までに彼等を高みに連れて行くとは。本当に今後を考えると残念でならない。
FG(RHYMESTERやMELLOW YELLOWが中心)ならではな遊び心に溢れた飾り気の無いフロウに等身大のリリックは実力派と言うのを証明してるし、何より自然体で純粋にラップを楽しんでいる様には好感が持てる。KICKはそのラップを「楽しむ」というコンセプトを中心に掲げており、その回りを鮮やかなコントラストをなす曲が立ち並ぶ。毒々しさや癒しなど一見対比してるようにも思える楽曲の最終的な終着点は「楽しむ」コトであり、それがKICKの原動力だ。後に皮肉にもその多方面性に富んだ楽曲が賞賛されるようになり、リスナーとの間にギャップが生まれ休止してしまったが彼等が本当に目指していた形と言うのがこのアルバムに凝縮されている。
| comments(0) | - | KICK THE CAN CREW |
| 1/1PAGES |