<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
STOP, LOOK, LISTEN

JUGEMテーマ:音楽
 
STOP, LOOK, LISTEN / DOBERMAN INC
★★★★★★☆☆☆☆

01. トランスポーター (THE RETURN)
02. Mission Complete (Interlude)
03. D.I Anthem 2006
04. Show Stopper
05. ハートブレイク・レストラン
06. Baby I'm Sorry feat.JAY'ED
07. Departures
08. Die-Hard Maniac
09. O-Town Bandits
10. ELV LUV feat.YOUNG SHIM
11. The Chance Of A Lifetime
12. キー・ハンター feat.Shimmy Chipa a.k.a. U.S. Key from WOLF PACK
13. Shadow Of Doubt
14. World Baseball Klassic
15. Urban Trap (Ill Biz)
16. アンガー・マネージメント feat.4WD
17. LOST & Found
18. STOP, LOOK, LISTEN feat.JAY'ED

国内最高峰のプロデューサーBACH LOGICのアシストがあるとは言え、トラックの適応力やスムースで耳触りの良いマイクリレーこそ彼等の魅力。そう捉えていたが、この作品には裏切られた。2ndアルバム『MEGA CITY FIVE』で一種の完成系となったトラックに身を任せるようなスタイルからの脱却がテーマにあるのか、今作では完全に我が前面に出た「ラップありき」の作品になっている。ストーリーテラーなリリックの展開が多く、当然その分文字数が増える性かライミングでの不備が目立つ。事実、ヒューマン・ビート・ボックスで作り出した緊迫感ある電話の着信音が素晴らしく良い味を出してる"トランスポーター (THE RETURN)"後にROMAN CREWが同じサンプリング・ソースで曲を作った"Departures"マイクロフォンペイジャーで有名な元ネタ"Die-Hard Maniac"などでは、どうしても曲の核となるラップの部分(特にリズム感)で違和感を感じてしまう。スタイルチェンジしても、どうにかスムースに聞かそうと言う心意気は買いたいが、その結果平坦な展開の楽曲が増えたのが実態だ。ただ"ハートブレイク・レストラン"のように分かりやすくストレートなカッコ良さを持った楽曲もあるので、今後は上手くその大衆ウケする部分を活かして日本語ラップのアイコン的存在になって欲しい。
| comments(0) | - | DOBERMAN INC |
MEGA CITY FIVE

JUGEMテーマ:音楽
 
MEGA CITY FIVE / DOBERMAN INC
★★★★★★★★☆☆

[DISC-01]
01.D.I.EXPERIENCE
02.MEGA CITY FIVE
03.WE DON'T CARE
04.WE GOT IT ALL feat. JAY'ED AND SPYDER
05.MESSAGE FROM B TOWER
06.F**K THE MASTER OF SUICIDE FACTORY
07.NO LOVE (WAKE UP!)
08.WELCOME TO B-HEAVEN
09.EVG URBAN FOREST
10.GEE-WHIZ SPOT 24/7
11.COLRO GROSSO(OT'S11) feat. NORISIAM X,4WD,SPYDER AND WOLF PACK
12. TRAP OF THE G-WEEK
13. 夜にむらがるLADY〜OVERNITE CINDERELLA
[DISC-02]
01.STATEMENT D-ST. (JUICY)
02.Y.O.U.
03.STADIUM 51 (BASEBALL FAMER FILE001)
04.MS.HARDER feat.NORISIAM X
05.WE GOT IT ALL Pt.2 feat.ASUKA
06.WHO'S THE JOKER
07.PEE CEE DANCE
08.GAME OVER
09.O-TOWN SWINGA
10.MORE CHOICE
11.うわさ話聞かせろ
12.MEGA SHININ'

若手の台等が著しい関西シーン(大阪)だが既に2大巨頭として確固たる地位を確立しているのが日本版WU-Tang「韻譜合組合」とこの「DOBERMAN INC」だろう。共に人気、実力など他に比べると抜きん出ていてカリスマ性もある。が、正直このグループは仲が悪いコトで有名。それもそのはず、彼等は日本語ラップに対するベクトルが180度違うのだ。前者は世間に浸透している「関西人」のイメージがモロに出たコミカルで柔軟なラップをメインに売っているが後者のDOBERMAN INCはメロウなトラックに金や女などの俺様リリックを前面に出た洋向けなラップなのだ。方向性の違いは明らかだろう。
彼等の魅力について語るとして真っ先に思いつくのが和製KANYE WESTの異名を持つプロデューサーBL(Best Legend or Bach Logic)が作る世界水準のお洒落でメロウなトラックにある。"WE GOT IT ALL"や"WE GOT IT ALL Pt.2"などはその代表的な楽曲。この日本で3本の指には入るトラックメーカー無しではDOBERMAN INCは語れない。
しかしそんな最上級のトラックメイカーに恩赦を受けているMC達のレベルは残念ながらお世辞にも高いとは言えない。キャラのバランスや全体の統一感、フローの浸透性は標準以上だが差して特出している部分もなく物足りなさが残る。「なりきりキャスト」の世界観は新しい独りよがりな自慰ラップの印象が強く聞き流す程度に耳を傾けないと痛い目にあう。
その中でも"COLRO GROSSO(OT'S11)"だけはO-TOWNに縁のあるMC(BLもSPYDERという名義で参加)がごぞって参加している今作最大のキラーチューン。スリリングに移り変わりするトラック、シーンの「強奪」を目当てとしたマイクリレーの力強さには惹かれるモノがある。特にラストバースで登場する4WDの全てを掻き毟るようなガナリガナル暴走的なフロウは圧巻だ。
一癖も二癖もある大阪シーンでは珍しく正統派とも言える存在で、日増しに醜態を重ねているDJ MASTERKEYが「こいつら超マジヤベー」っと不可解な日本語で表現する程の新世代クルーなのでチェックしといて損は無いだろう。
| comments(0) | - | DOBERMAN INC |
| 1/1PAGES |