<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
COLORS

JUGEMテーマ:音楽

COLORS / BRIER
★★★☆☆☆☆☆☆☆

01.BREATH
02.STRAWBERRY PUNCH
03.NaNaNa
04.ソラモヨウ
05.SAYONARA
06.HUSTLE
07.ニオイ
08.Happy Birthday
09.オレンジ
10.LETTER
11.Episode1
12.Sepia feat. Ken-U
13.Episode2
14.Safe Sex Remix

前作『I am...』で良くも悪くも底が見えた感があるBRIER起死回生のブランニューアルバム『COLOR』はタイトル通り今までの"黒"と基調としたハードコアスタイルの脱却がテーマにある。カラフルで華やかなそれは明らかに従来の路線からは程遠いモノだ。そしてあれだけ毒々しかったフロウも派手なトラックに無理やり合わせるかのように終始ラップとも歌とも捉れない非常にチグハグとしたモノに変わっている。
"ソラモヨウ"や"オレンジ"などで一人の女性としての繊細な感受性などを披露したりと新しい試みも見られたがやはり如何せん中途半端感は拭えない。正直今のままでは「アイドルが調子に乗ってラップしちゃいました」っていうのと殆ど変わらない。ようやく親元のハマ勢の援護を借りるコト無く一人立ちした訳だが、そうやって辿り着いた先がこのスタイルというのは非常に残念だ。
BRIER魅力は毒々しいフロウと華のある存在感だと思うので(同じ風に思ってる人も多いはず)是非もう一度初心に戻り頑張って欲しい
| comments(0) | - | BRIER |
I am...

JUGEMテーマ:音楽

I am... / BRIER
★★★★☆☆☆☆☆☆

01.I am...
02.A.K.A
03.PRIDE feat.TOKONA-X
04.Warning
05.街角Interview
06.Safe Sex
07.レディ−スナイト feat.KANAKO
08.MCリレー feat.Rude Boy Face,El NANDO
09.MaMa
10.Do Or Die

日本には完全なGhettoが存在しないのと同じように完全なBitchは存在しない。僕はそう考えているので自らを「Queen Bitch」と言う彼女に対し若干の温度差を感じてしまう。
「ラッパーはリアルに」という固定概念がHIP HOPに対して間違った認識を生み、更に日本人特有の右向け右的な習慣が重なり結局は「リアル」に対し誤認を生んでしまったのだろう。最初は他人の猿真似でも良いと思うが結局は自分の道。他人と同じコトをやってれば良いと言う訳では無いし、他人をお手本にするとどうしても最終的に行き着く理想と現実とのギャップが生まれて苦しむものだ。(後に彼女自身も苦しむコトに…)
今までキワモノ扱いされ冷や飯ばかり食わされていた「日本語ラップ」業界だがNITROの台等やKICKやRIPなどによるメディアでの活躍もあり、全体的な層に厚みが増し今ではフィメールラッパーも目新しく無くなった。が、しかし今尚日本では地位を確立したフィメールラッパーというのは一人もいない。実際彼女達の視線の先には今だ海を越えたスターLiL` KIMやMissy Eliottoを崇拝し真似ているのだ。シンガーではAIや安室奈美江などが出ている中、どうして日本にはラップスターだけが現れないのか?その背景にはお国柄とフィメールラッパーの多くがハードコアスタイルでデビューするのが関係していると思う。要はカッコ良さに囚われ毒々しさ一辺倒で勝負し過ぎなのだ。アーティストしてのキャパ容量が少ない為、そのスタイルに頼りざる終えないのだ。そして大半が年齢を重ねる毎に訪れる心情的な変化にラッパーである自分と音楽から離れた時の本当の自分とにズレを感じ葛藤し結果壊れてしまう。お国柄も含め正直今の状態ではラップスターの出現は困難を極めるだろう。

話は若干ズレタが結局BRIERもこんな一種のお祭り感覚でモテはやされソロデビューを果たした。才能や努力は勿論のコトだが結局最後には女性という要素が決めてになったのだろう。1stアルバム『CROSS COUNTER』から僅か10ヶ月と短いスパンでのリリース。当然じっくりと曲作りが出来る訳でもなくINTROやSKIT,シングル曲を除くと6曲しか残って無いのは余りにも淋しい。こんな内容で「自分の全てを出した作品です」と言うのには明らかに無理があり薄っぺらい。まがいなりにも前作でバルセロナのメッシー並の衝撃を受け大きくプッシュしていた僕からしたら裏切られたようなものだ。

急ピッチで仕上げたのが祟ったのかスカスカで大味なトラック。きちんと作り込まれた曲はまだ一定の水準にあるが、そうではない曲の落ち度は流石に許しがたい。更にBRIER最大の魅力であるフロウも若干和らぎ地声に近くなってしまった。キャラ作りの為に多少無理やり出していただろうドスの効いたフロウが個人的にはツボだったのでこの変化は頂けない。結局様々な負の連鎖が影響してか全体的に作風に「華」が無くなり一部で叫ばれていたライミングのスキル不足を完全に露呈してしまい、ファンから失望を買った。

しかしここまで頑なに辛口な評価を通してる僕だが、このアルバムには全ての負の感情(文章)を吹き飛ばすような名曲が収録されている。それが当時名古屋の若旦那として地位を確立したばかりのTOKONA-Xを招いての"PRIDE"だ。パンチの効いた軍艦マーチのような破壊的なトラックにぶつかりあう各々の天上天下唯我独尊の心。もちろん彼女の中ではベストの曲だし、個人的にTOKONA-Xの中でもベターに入る客演っぷりだと思う。
さすがにこの1曲の為にアルバムを購入するのは大冒険だと思うが"PRIDE"に関しては素直に名曲なのでぜひ聞いてほしい。迫力ある2つの魂には間違いなく圧倒されるコトだろう。
| comments(0) | - | BRIER |
| 1/1PAGES |