<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
Mr.COMPACT
JUGEMテーマ:音楽

Mr.COMPACT / LITTLE
★★★★★★☆☆☆☆

01. Mr.Compact
02. MC〜殺人マイクを持つ男〜
03. ワックマン feat.MUMMY-D
04. 灯
05. ライムライト Pt.2
06. 不純異性交遊
07. 不純異性交遊Part.2 feat.INNOSENCE
08. レスキュー〜LAST TAKE〜
09. WAR ZONE feat.童子-T
10. 西TOKYO TRIBE feat.FREGRANCE
11. いいの feat.坂本美雨
12. BE-BOP NEW SCHOOL feat.GANXSTA DX,FREGRANCE,オチ
13. 中央自由WAY feat.meg
14. 剣と楯

クルーで活動しているMCが、ソロをやる上で、多少のスタイルチェンジをするのはよくあるコトだが、それが吉と出る作品というのは余り無い。それは今まで16小節1バースで良いところを3バースに増やさなきゃいけなかったり、っとリリック構成に悩んだりして自分の魅力を見失いがちになるからだ。結果ソロ活動しても最終的には伸び悩み屈してしまう形も多々あるのだがLITTLEの1stアルバム『Mr.COMPACT』はKICK THE CAN CREW時より高い評価を受けたという非常に稀な作品だ。
ビジュアルが良いからかしばしば女性から「リッ君ー!」っと黄色い歓声を浴びる彼には軟派なイメージが先行しがちだが、実際のところ東京Zファミリーという日本語ラップ界随一の硬派どころからキャリアをスタートしてるだけあって、ハードコアラップこそが、お家芸と言わんばかりにKICKでは見られなかった毒気のあるリリックが光っている。さらにLITTLEと言えばの高音フローや、丁寧かつ大胆なリリックセンスは、ソロになっても衰えを見せず自分の魅力を存分に披露した。
特にハイライトはDJ OASISが手掛けたハードなオケに盟友MUMMY-Dを招いた、痛快DISソング"ワックマン"だろう。後にキングギドラ名義だがDisられるとは当時は思いもしなかった。あとは当時全盛期だったチープなHOUSEオケに自慢の高速ライムを轟かす"灯"男性諸君なら誰もが覚えがある不純な交際目的をLITTLEが代弁してくれた"不純異性交遊"なども聞き逃せない佳作。全体的に流れが良く及第点を越えた楽曲ばかりなので、非常に聞きやすい作風に仕上がっている。日本語ラップ初心者にも安心、丁寧な作品だ。ただ、逆に聞き込めば特出した曲が無いコトに気づき多少聞き辛くなってくるのも確か。そういった意味ではソロ活動としては課題も残し最高のスタートを切ったと思ったのだが。後の彼の中途半端な活動を考えると残念で仕方ない。
| comments(0) | - | LITTLE |
| 1/1PAGES |